南箕輪小学校の2年生が農学部でドングリを植えました

トピックス

 晴天に恵まれた4月26日(火)、南箕輪小学校の2年生約120名が、農学部にてドングリを植えました。この日植えたドングリはクヌギとコナラの2種類で、昨年11月、1年生だった同校の児童が拾い、保管していたものです。
 児童たちは森林環境生態学研究室の小林元准教授から、2種類のドングリを一緒に植えてはいけないことや、植えるときの置き方などの説明を受け、友達と話し合ったり手伝いの農学部生やスタッフに質問したりしながら、丁寧に植えていました。このドングリが芽を出し成長する来年の秋には、3年生になった皆で、農学部近くにある大芝高原・みんなの森にて、植樹を行うことが予定されています。

« 前の記事へ

お知らせ一覧にもどる

次の記事へ »

a