総合工学系研究科 生物・食料科学専攻の山本祥也さんが、酪農科学シンポジウム若手優秀ポスター賞を受賞

トピックス

山本祥也さん
山本祥也さん
山本祥也さん:左から二人目
山本祥也さん:左から二人目

 平成27年9月25日、とかちプラザ(北海道・帯広市)で開催された「2015年度酪農科学シンポジウム」において、総合工学系研究科,生物・食料科学専攻の山本祥也さん(博士課程1年)が若手優秀ポスター賞を受賞しました。


 本研究では、乳酸菌ゲノムに由来する免疫増強型オリゴ核酸(短鎖DNA断片)を用い、簡易的アナフィラキシーショックモデルマウスの作出に成功しました。また、その作用機序の一端を細胞分子レベルで解明しました。今後、本モデルマウスを利用することで、アナフィラキシーショックのリスク低減に向けた効率的な新素材の開発が期待される成果です。


受賞演題は以下の通りです。


「乳酸菌由来オリゴ核酸のアナフィラキシーショック亢進メカニズム」
○山本祥也1, 岡島拓真2, Nigar Shireen1, 重盛駿1, 下里剛士1,2,3
(1総合工学系研究科, 2農学部, 3バイオメディカル研究所)

« 前の記事へ

お知らせ一覧にもどる

次の記事へ »

a