根羽村との連携協定を締結

一般の方へ

   左:小木曽根羽村長   右:中村農学部長
左:小木曽根羽村長   右:中村農学部長

信州大学農学部と根羽村は、森林と里山の総合的な活用モデルの確立及び水源林とそれに関わる下流域との交流・相互発展並びに木質資源を中心とする農林資源の有効活用と教育・研究等を推進し、産業振興、人材育成、環境保全等の分野で連携・協力するための協定書の調印式を、3月7日に根羽村の社会福祉施設「しゃくなげ」で行いました。

 

この連携協定の締結により、今後は、1)農林業等地域産業の振興 2)遊休農地、里山資源等の地域資源の活用 3)安全・安心で持続可能な地域づくり 4)農林業等里山資源活用に携わる人材の育成及び生涯学習 5)農林業等の里山資源活用を対象とした教育及び学術研究 6)環境保全、などの事項について具体的な検討を行い、事業を実施していくこととしています。

 

« 前の記事へ

お知らせ一覧にもどる

次の記事へ »

a