動物資源生命科学コース

動物の資源(めぐみ)と生命(いのち)を科学する

経済動物、愛玩動物、実験動物あるいは野生動物など、いろいろなかたちで動物は我々の生活に関わっています。動物資源生命科学コースでは、家畜・家禽から野生動物までを対象とした動物科学に関する教育・研究を、遺伝子・細胞レベルから個体・群レベルにおいて行っています。1年次に始まる専門科目から4年次の専攻研究(卒業論文)に至る教育プログラムを通じて、動物の資源(めぐみ)と生命(いのち)に関する科学の基礎から応用までを体系的に学習しながら科学的な思考力を身に付けることができます。これにより、動物生産や関連産業で活躍できる人材の育成を目指しています。

教育研究の様子

  • 教育研究の様子
    ゾンデを用いたマウスへの強制給餌
  • 教育研究の様子
    ニワトリ膵島の B 細胞(赤色) と
    D 細胞(緑色)を示す蛍光顕微鏡写真
  • 教育研究の様子
    幹細胞を用いて 作出したキメラ雛

履修チャート

履修チャート

授業を担当する教員一覧