Course Guide

コース内容

Message

「自分の生まれ育ったまちに元気を取り戻したい」
「将来のキャリア選択肢を増やすための力を身に付けたい」
「地域・社会を変えて行く取り組みにチャレンジしてみたい」

そんな熱意を持った学生の皆さん。
本コースで一緒に、
地域の未来を担う「ローカル・イノベーター」
を目指しませんか?

カリキュラムの内容

本コースは、信州大学の各学部で提供する学びに追加する形で履修します。
1年次後期〜3年次前期までの授業、学習に加え、
アルバイトとしても参加できる課外活動を多数用意しています。

1年次前期

ガイダンス

Start
Up

1年次後期

スタートアップ

ローカル・イノベーターとしてのマインドを磨く

地域の問題の現場を自らの目で確認し、当事者から生の声を聞きます。また、授業では知識だけでなく、地域講師との対話やグループでのワークショップを中心として「考える力」を育成し、アクション・リサーチの基本的な流れを体得していきます。

地域産業の様々な現場を訪問します。通常は入ることができないような特別な場所も見たり、体験したりすることができることもあります。

地元の市長や日本を代表するような企業の社長、地域で活躍する方をお招きします。普段の学生生活ではなかなか得られない機会です。

Innovation
Literacy

2年次前期集中

イノベーション・リテラシー

問題分析と課題設定プロセス、アイデア創出手法の習得

様々な統計データ(RESAS等)の読み解き方、データ分析や表現(プレゼンテーション)のための基本的なリサーチ・リテラシーを学びます。また、インタビュー調査等の手法を学び質的に深い情報を引き出すトレーニングを行います。これらデータを基に集合知によってアイデアを創出するワークショップ手法等を実践的に学習します。

情報機器の発達に伴って様々なデータが取得可能になり、それらが蓄積されたビッグデータの活用に注目が集まっています。データ分析のスキルを習得することは将来の就職においても優位です。

Real Project
Management

2年次後期集中

リアル・プロジェクト・マネジメント

企画・運営の実践を通じて事業の全体把握やタスク管理、
チームによる連携を学ぶ

学生が主体となって、「ローカル・イノベーション・フォーラム(仮称)」の企画・運営を実践します。OJT(On the Job Training)方式で、会場確保から基調講演者の調整、進行台本等の作成、チームメンバーの適切な役割分担や協働のマネジメント等を学生が主体となって実施します。

学部を越えて一緒に取り組むことで幅広い・深い人的ネットワークが構築されます。卒業後の仕事の連携やプライベートでの遊び仲間がさらに広がります。

Internship
for Solving

3年次前期集中

課題解決インターンシップ

専門教育・コースで培った力をリアルな現場でさらに磨く

地域企業や行政、地域団体等の現場へのインターンシップを実施します。地域や組織が抱える問題の分析から課題の設定を行い、限られた時間や条件の中で人々と協力しながら課題解決の実践に取り組みます。それぞれの専門分野で養ってきた知識や能力、またローカル・イノベーター養成コースでの経験知をさらに深めます。

提案や実践した解決策はプレゼンテーションを行い、社会から評価を受けます。それによって自信とさらなる向上心を身に付けます。

課外活動実践

コースに関連する様々な課外活動等を紹介しています。
アルバイトとして参加できる活動を多数用意し、コース受講と生活の両立を支援していきます。

        

ピックアップ授業

およそ80ある本コースの認定科目の中から、特徴的な授業を紹介します。

  • 地域ブランド実践ゼミ

    本授業は、ブランド論の学習を通じて、新たな価値を創造する力を身に付けることを目的とする。 近年、ブランド論はビジネス分野で実践的に発展してきたが、特にアメリカを中心に1990年代頃から心理学研究の力を得て、従来の経験知が体系化されるようになってきた。 ブランドは製品や企業などのものと思われがちだが、実際にはサービス、人そのもの、地域もひとつのブランドとして成立しうる。社会的認知が確立されたブランドは、記号として区別できるだけでなく、他との差別化や優位性を認識させる存在となる。 そのため、現代の超情報社会においてブランドは選択や判断における効率的・効果的な情報処理を促進する道具として活用されている。 このようなブランドの持つ特徴・機能(≒人間の情報処理の仕組み)を学習・理解することで情報を活用する能力を身に付け、実践の中で体験し、自らの経験として蓄積することで、地域・社会の新たなブランドを創造するだけでなく、自分自身のブランドを構築する力を獲得することを狙う。

  • 大学生から始めるキャリアデザイン

    本授業では、大学生というキャリアの一歩を歩み始めた皆さんが、今後の生き方にも関わる「求められる私、なりたい自分」を想像していく視点を学びます。大学生から始まる活動の中で、企業や地域社会、国内外などの多様なフィールドを前に、どのような自身の具体的目標をもつべきかを構想します。 「なぜ学ぶのか」を考えながら、その後のライフも含めたキャリア形成を自分自身でデザインしていく力を獲得していきます。自身のキャリア形成に必要な知識、経験、技術を、どのように学び獲得していきたいかを考える、基本的な素養を身に付けることができます。

> 認定科目をすべて見る