信州大学

文字サイズ

Profile of Divisions研究部門

信州大・理研BDR研究連携室

理化学研究所生命機能科学研究センター(理研BDR)とバイオメディカル研究所は、2019年から合同セミナーを行ってきました。また2021年に信州大学大学院・理化学研究所連携大学院を開設しました。これらの理研BDRとの連携拠点として、研究や大学院教育の高度化を推進します。

  •  

研究者紹介

信州大・理研BDR研究連携室 室長
学術研究院 教授(保健学系)/博士(医学)
バイオメディカル研究所 所長
専任教員
齋藤 直人
Naoto Saito
経歴
1988年 信州大学医学部卒業 医学部附属病院医員
1996年 信州大学医学部助手
1999年 信州大学医学部講師
2004年 信州大学医学部保健学科教授
2014年 信州大学先鋭領域融合研究群バイオメディカル研究所長
2019年 信州大学卓越教授
研究分野
⽣体医⼯学、⽣体材料、ナノバイオテクノロジー、⾻代謝、整形外科学、リハビリテーション医学
研究テーマ
新規⼈⼯関節・脊椎固定インプラント開発、ナノカーボンの⽣体材料応⽤、ナノカーボンの⽣体安全性評価、⾻再生医学
メッセージ
生命科学研究のトップランナーである理研BDRと研究連携を行うことにより、バイオメディカル研究所が得られる知識や技術は計り知れないものがあります。合同セミナーを開き、共同研究を行い、大学院生を送り込むことにより、世界と戦う研究力の獲得と世界で戦う人材の育成を目指します。
学術研究院 教授(医学系)
博士(医学)
専任教員
新藤 隆行
Takayuki Shindo
研究分野
循環病態学、発生工学
研究テーマ
・疾患モデル動物や培養細胞を用いた病態解明、新規治療法開発
・循環作動性ペプチドの血管発生、血管新生、癌転移における役割
・クリスパー法による新規遺伝子改変マウスの樹立、解析
・心臓、血管、肝臓の再生医療研究
ホームページ
http://www7a.biglobe.ne.jp/~shindo/
学術研究院 教授(農学系)
博士(農学)
バイオメディカル研究所 副所長
専任教員
真壁 秀文
Hidefumi Makabe
研究分野
生物有機化学、有機合成化学
研究テーマ
有機合成化学の手法を用いた生理活性物質の合成を行っています。生理活性物質の活性発現の仕組みや構造活性相関の解明、高度に機能化した分子プローブを創製することで生命現象を解明し、医薬等への応用を目指しています。
学術研究院 准教授(繊維学系)
博士(工学)
専任教員
新井 亮一
Ryoichi Arai
研究分野
タンパク質工学、構造生物学、合成生物学
研究テーマ
有用な人工・改変タンパク質を設計・開発・応用するタンパク質工学研究や、タンパク質の構造と機能を解析する構造生物学研究を行っています。特に、タンパク質ナノブロックによる生体分子イノベーションを目指しています。
ホームページ
http://fiber.shinshu-u.ac.jp/arai/
学術研究院 教授(農学系)
博士(理学)
併任教員
喜井 勲
Isao Kii
研究分野
タンパク質科学、分子細胞生物学、ケミカルバイオロジー
研究テーマ
疾患発症に関与するリン酸化酵素に対する選択的阻害剤の創出
タンパク質のフォールディング過程を標的とした阻害剤の創出
細胞内でのタンパク質フォールディングを調節する品質管理機構の研究
新規抗体薬物複合体の基盤研究
ホームページ
https://ikii80.wixsite.com/drugtarget