• 受験生の方へ
  • 医師の方へ
  • 企業団体の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 地域の方へ
  • 在学生の方へ

修士課程 医科学専攻

分子薬理学(薬剤部)

分野の概要

私たちは主に基礎研究や調査・疫学研究に取り組んでいます。医療従事者なら誰もが知っている副作用や相互作用でも、原因や機序が不明のものが数多く存在します。私たちはそのような課題に取り組み解明していくことによって、質の高い医療・医薬品情報の提供と患者さんの生活の質の向上に寄与することを目指しています。

 

研究テーマ

薬物間相互作用に関する研究
医薬品の中には、薬物間相互作用を引き起こすことが分かっていても機序が明らかにされていないものが数多く知られています。また、薬物間相互作用が引き金となって重篤な副作用を発現し死亡する例も知られています。したがって、薬物間相互作用の機序を明らかにすることは、医薬品をより適正に使用していくためにとても重要な課題です。私たちは、これまで知られている相互作用から最近問題となった相互作用まで幅広く情報を収集・解析し、機序解明のための研究に取り組んでいます。

 

研究室の所在及び連絡先

教室の所在地: 医学部基礎棟5階

 

主要な成果/Major Publications

  1. Shiozawa A, Yamaori S, Kamijo S, and Ohmori S. (2021) Effects of acid and lactone forms of statins on S-warfarin 7-hydroxylation catalyzed by human liver microsomes and recombinant CYP2C9 variants (CYP2C9.1 and CYP2C9.3). Drug Metab Pharmacokinet 36: 100364.
  2. Ozawa S, Yamaori S, Aikawa K, Kamijo S, and Ohmori S. (2020) Expression profile of cytochrome P450s and effects of polycyclic aromatic hydrocarbons and antiepileptic drugs on CYP1 expression in MOG-G-CCM cells. Life Sci 258: 118140.
  3. Watanabe H, Yamaori S, Kamijo S, Aikawa K, and Ohmori S. (2020) In vitro inhibitory effects of sesdamin on cytochrome P450 4F2 activity. Biol Pharm Bull 43: 688-692.
  4. Mimura A, Yamaori S, Ikemura N, Katsuyama Y, Matsuzawa N, and Ohmori S. (2019) Influence of azole antifungal drugs on blood tacrolimus levels after switching from intravenous tacrolimus to once-daily modified release tacrolimus in patients receiving allogeneic hematopoietic stem cell transplantation. J Clin Pharm Ther. 44: 567-571.
  5. Ikemura N, Yamaori S, Kobayashi C, Kamijo S, Murayama N, Yamazaki H, and Ohmori S. (2019) Inhibitory effects of antihypertensive drugs on human cytochrome P450 2J2 activity: potent inhibition by azelnidipine and manidipine. Chem Biol Intreract 306: 1-9.
  6. Yamaori S, Araki N, Shionoiri M, Ikehata K, Kamijo S, Ohmori S, and Watanabe K. (2018) A specific probe substrate for evaluation of CYP4A11 activity in human tissue microsomes and a highly selective CYP4A11 inhibitor: luciferin-4A and epalrestat. J Pharmacol Exp Ther 366: 446-457.
  7. Yamaori S, Takami K, Shiozawa A, Sakuyama K, Matsuzawa N, and Ohmori S. (2015) In vitro inhibition of CYP2C9-mediated warfarin 7-hydroxylation by iguratimod: possible mechanism of iguratimod-warfarin interaction. Biol Pharm Bull 38: 441-447.