• 受験生の方へ
  • 医師の方へ
  • 企業団体の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 地域の方へ
  • 在学生の方へ

修士課程 医科学専攻

分子薬理学(臨床薬理学)

分野の概要

私たちは、お薬の有効性と安全性を最大限に高め、個々の患者さんに最良の薬物治療を実践するための臨床薬理学研究に取り組んでいます。様々な臨床試験を行い、国から承認されたお薬でも、多くの患者さんに使ってみた場合に、一部の患者さんで、お薬が効かない・効きすぎる、副作用が現れるといった問題を生じることがあります。医療現場の中でお薬を有効かつ安全に使用していくためには、研究活動によって、お薬による効果や副作用が現れる原因を明らかにしながら、お薬に情報を加え、お薬を育てていく必要があります。私たちは、そのような医療現場におけるお薬の患者間での効果や副作用の違いに関する課題に取り組むことによって、合理的な薬物治療法の構築を目指しています。

 

研究テーマ

生体試料中薬物濃度の高感度迅速定量法の開発
ヒトにおける医薬品の効果・副作用を予測するための手段の一つとして、患者さんの血液や尿などの生体試料に含まれる薬物濃度を把握する必要があります。従来、いくつかの定量法が報告されてきましたが、実際の患者さんに適用した場合に、煩雑性、特異性、再現性、定量性、交差反応性など様々な問題を生じることがあります。私たちは、これらの問題を解決するために、実際の患者さんに適用できる超高速液体クロマトグラフや液体クロマトグラフ質量分析計を用いた高感度迅速定量法を開発しています。

ヒトにおける医薬品の効果・副作用の個人差の解明
一部の医薬品では、効果・副作用に大きな個人差を生じることがあります。医薬品の効果・有害作用に個人差を生じる原因は、主に背景的要因、環境的要因、病態生理学的要因及び遺伝的要因に分類することができます。私たちは、それらの要因を患者情報として抽出し、薬物動態学及び薬力学視点から統合的に解析することで、ヒトにおける医薬品の効果・副作用の個人差の解明に取り組んでいます。

がん・疼痛・感染症等の疾患や周産期における合理的薬物治療の構築
患者さんに最適な薬物治療を提供するためには、個々の患者に対応した合理的な医薬品の投与計画法を提供する必要があります。私たちは、患者さんにおける医薬品の効果・副作用の個人差要因を多面的に把握することで、種々の疾患領域(がん・疼痛・感染症・心不全・自己免疫疾患等)や周産期における医薬品の有効性と安全性を最大限に高めるための合理的な薬物治療法の構築に取り組んでいます。

非実験的手法を用いた医薬品の副作用や薬物間相互作用の検出
国から承認された医薬品でも、承認時に明らかにされていない副作用や薬物間相互作用が、市販後に見つかることがあります。医療現場の中で、承認時に知られていない医薬品の副作用や薬物間相互作用を明らかにしていくことが、医薬品を適正かつ安全に使用していくためにとても重要です。私たちは、診療情報システムや医薬品副作用データベース等を用いて、非実験的手法から、医薬品の副作用や薬物間相互作用の検出に取り組んでいます。

 

スタッフ

教授

内藤隆文

研究室の所在及び連絡先

教室の所在地:医学部基礎棟5階
連絡先:naitou(at)shinshu-u.ac.jp

 

主要な成果/Major Publications

  1. Shibata K, Naito T, Hirakawa S, Suzuki K, Hosokawa S, Mineta H, Kawakami J (2021) Correlations between serum cetuximab and EGFR-related markers, and skin disorders in head and neck cancer patients. Cancer Chemother Pharmacol. 87(4): 555-565.
  2. Imoto Y, Naito T, Miyadera Y, Ono T, Kawakami J (2021) Associations between plasma hydroxylated metabolite of itraconazole and serum creatinine in patients with a hematopoietic or immune-related disorder. Eur J Clin Pharmacol. 77(3): 369-379.
  3. Suzuki K, Naito T, Tanaka H, Shibata K, Yamada Y, Itoh K, Kawakami J (2021) Impact of CYP2D6 activity and cachexia progression on enantiomeric alteration of plasma tramadol and its demethylated metabolites and their relationships with central nervous system symptoms in head and neck cancer patients. Basic Clin Pharmacol Toxicol. 128(3): 472-481.
  4. Yagi T, Naito T, Kato A, Hirao K, Kawakami J (2021) Association between the prothrombin time-international normalized ratio and concomitant use of antibiotics in warfarin users: Focus on type of antibiotic and its susceptibility to Bacteroides fragilis. Ann Pharmacother. 55(2): 157-164.
  5. Hoshikawa K, Naito T, Akutsu S, Saotome M, Maekawa Y, Kawakami J (2020) Impact of CYP3A5 genotype on tolvaptan pharmacokinetics and their relationships with endogenous markers of CYP3A activity and serum sodium level in heart failure patients. Basic Clin Pharmacol Toxicol. 126(4): 353-363.
  6. Abe K, Shibata K, Naito T, Karayama M, Hamada E, Maekawa M, Yamada Y, Suda T, Kawakami J (2020) Quantitative LC-MS/MS method for nivolumab in human serum using IgG purification and immobilized tryptic digestion. Anal Methods. 12: 54-62.
  7. Taguchi R, Naito T, Kubono N, Ogawa N, Itoh H, Kawakami J (2019) Relationships between endogenous CYP3A markers and plasma amlodipine exposure and metabolism in early postpartum and non-peripartum women with hypertension. Pregnancy Hypertens. 17: 209-215.
  8. Yoshikawa N, Naito T, Yagi T, Kawakami J (2019) Impact of cachexia and opioid analgesic co-treatment on pregabalin pharmacokinetics and central nervous system symptoms in cancer patients. Ther Drug Monit. 41(5): 591-597.
  9. Naito T, Ohshiro J, Sato H, Torikai E, Suzuki M, Ogawa N, Kawakami J (2019) Relationships between concomitant biologic DMARDs and prednisolone administration and blood tacrolimus exposure or serum CYP3A4/5-related markers in rheumatoid arthritis patients. Clin Biochem. 69: 8-14.
  10. Shida H, Naito T, Shibata K, Yamada Y, Kawakami J (2018) LC-MS/MS method for denosumab quantitation in human serum with rapid protein digestion using immobilized trypsin. Bioanalysis. 10(18): 1501-1510.