Facebook

創薬標的科学研究室
喜井勲

新しい創薬標的タンパク質の科学

医薬品や食品機能性成分としての化合物は、標的となる疾患関連タンパク質などへ結合し、その薬理作用を発揮します。しかし、化合物は標的以外にも結合することがあり、これによって副作用が引き起こされます。そのため、副作用を低減する、つまり標的への選択性を向上させる技術が求められています。私たちの研究室では、ポリペプチドからタンパク質へのフォールディング途中の遷移状態を標的とした創薬研究を進めています。加えて、副作用の原因を発見するため、化合物が結合するタンパク質を網羅的に同定する技術開発にも取り組んでいます。分子細胞生物学・構造生物学・薬理学などを幅広く扱い、創薬・ヘルスケア研究開発の課題解決を目指します。

研究紹介(デジタルパンフ)