信州大学HOME

授業料免除・奨学金

  1. ホーム
  2. 授業料免除・奨学金
  3. 日本学生支援機構 貸与奨学金

日本学生支援機構 貸与奨学金

日本学生支援機構 奨学金とは

日本学生支援機構 奨学金には、貸与型(返還の必要があるもの)と給付型(返還の必要がないもの)があります。なお、貸与型の奨学金は入学から卒業まで貸与を受けると借用金額は相当な額になります。貸与型の奨学金を申し込む際は返還のことも十分考慮してください。

募集・手続等の周知

奨学金の募集、採用決定手続、説明会に関するお知らせ、各種の連絡事項については、公用掲示板(学部棟・全学教育機構第一講義棟北側)、信州大学ホームページの「キャンパス情報システム」により周知します。奨学金の貸与(給付)を希望する学生及び奨学金を受けている学生は、いつ頃、どんな手続があるか確認してください。

Ⅰ 奨学金の概要について

日本学生支援機構ホームページ又は奨学金ガイド・ガイドブック をご覧ください。

Ⅱ 申請及び採用後の手続について

1 .申請・採用等スケジュール

年間スケジュール及びキャンパス情報システム をご覧ください。

2 .申請時期

区分予約採用在学採用
学部 1年次 5月上旬
2年次以上 4月中旬
大学院 10月中旬 4月中旬
申請は、1年に1回です。
推薦基準による審査がありますので、申請しても採用されない場合があります。
貸与月額等が変更になる場合がありますので、掲示等を必ず確認してください。
高校等で「大学等奨学生採用候補者」に決定している場合は4月上旬までに進学届を提出してください。

3. 採用決定~貸与終了まで

(1)

「返還誓約書」の提出 
採用決定後「返還誓約書」の提出が必要となります。期限までに提出しない場合は、採用取消となりますので十分注意してください。

(2) 貸与期間中の異動・月額変更
休学、退学、留学等により学籍に異動が生じた場合や辞退、貸与月額の変更(増額・減額)を希望する場合は、所定の用紙により手続が必要となりますので早めに奨学金窓口までお越しください。
(3) 「継続願」の手続
毎年1回(12月から1月頃)インターネットによる「奨学金継続願」の提出が必要となります。期限までに手続を行わない場合は翌年度から奨学金が廃止となりますので必ず手続をしてください。
(4) 貸与終了時の手続
奨学金の貸与が終了すると日本学生支援機構から「貸与奨学金返還確認票」が発行されますので貸与内容を確認してください。また、奨学金を返還する為の口座(「リレー口座」)への加入手続が必要となります。
(5) 返還期限の猶予について
貸与終了後も引き続き在学する場合、在学猶予の手続を行うことにより返還の期限が猶予されます。奨学金窓口で手続を行ってください。

Ⅲ 特に優れた業績による返還免除(大学院第一種奨学生のみ)

大学院第一種奨学生で、在学中に特に優れた業績をあげた者として日本学生支援機構が認定した場合、貸与期間終了時に奨学金の全部または一部の返還が免除される制度です。

目的と対象者はこちら

奨学金よくある質問について

日本学生支援機構奨学金 Q&A

Ⅰ 奨学生の募集について

Q1 信州大学にはどのような奨学金がありますか?

A1 日本学生支援機構、民間育英団体・地方自治体等の奨学金があります。

Q2 募集要項はどこでもらえますか?

A2 奨学金担当窓口で配付しています。 松本キャンパスは学生総合支援センター、長野(教育・工学)キャンパス、伊那キャンパス、上田キャンパスは各所属学部の学務係です。

Ⅱ 奨学金の申請について

Q3 奨学金を申請したいのですがどうすればいいですか?

A3 奨学金の掲示板やキャンパス情報システムで募集案内を確認する事ができます。
申請を希望する場合は奨学金担当窓口(Q2 参照)へご相談ください。

Q4 学力・家計は基準以内です。申請すれば採用されますか?

A4 はい。学力・家計が基準内であれば採用されます。(以前は、学校毎に採用枠があったため、学力・家計が基準内でも採用されないことがありました。)

Q5 父が失業しました。奨学金をできるだけ早く受けたいのですが。

A5 日本学生支援機構では緊急採用(第一種)・応急採用(第二種)を随時募集しています。申請理由として認められるのは、家計支持者の失職、破産、倒産、病気死亡や火災、風水害等により家計が急変し経済的に修学が困難になった場合です。詳細は日本学生支援機構WEBサイトをご覧のうえ、奨学金担当窓口(Q2 参照)へ申請してください。

日本学生支援機構 HP https://www.jasso.go.jp/shogakukin/taiyochu/kinkyu_okyu.html

Ⅲ 採用後について

Q6 奨学金は採用されれば卒業まで必ず支給されますか?

A6 休学や、留年等で奨学金の支給が止まる事があります。また、留年により卒業が延期された場合、奨学金は廃止となる場合があります。詳細は募集要項・採用決定通知等でご確認ください。

Q7 「休学(退学)します」/「月額変更したい」/「奨学金を辞めたい」/「口座を変更したい」どのような手続きが必要ですか?

A7 奨学金担当窓口(Q2 参照)へ申し出てください。必要な手続についてご案内します。

奨学金担当窓口(問い合わせ先)

受付窓口の問合せ時間は、平日 午前8時30分~午後5時15分 の間です。

メールでの問い合わせは受け付けておりません。直接窓口にお越しいただくか、電話にてお問い合わせください。

キャンパス奨学金担当窓口問合せ先
松本キャンパス
(全学部1年次生含む)
学生総合支援センター 〒390-8621 長野県松本市旭3-1-1
TEL 0263-37-2184
長野(教育)キャンパス 教育学部学務係 〒380-8544 長野県長野市西長野6のロ
TEL 026-238-4056
長野(工学)キャンパス 工学部学務係 〒380-8553 長野県長野市若里4-17-1
TEL 026-269-5057
伊那キャンパス 農学部学務係 〒399-4598 長野県上伊那郡南箕輪村8304
TEL 0265-77-1447
上田キャンパス 繊維学部学務係 〒386-8567 長野県上田市常田3-15-1
TEL 0268-21-5322
学生総合支援センターとは
学生総合支援センターでは、学生生活が豊かで充実したものになるよう、様々な支援を行っています。
信大生に守って欲しい事
知っておこう
学生相談センター
信州大学の「なんでも相談室」
学生生活を送る中で、いろいろなことに悩んだり、不安になったり、困ったとき、心が疲れたときに、気軽に相談に来てください。

窓口対応時間
平日8:30~17:15

 土日祝日・お盆・年末年始はお休みです。ご了承ください。

ホームに戻る

このページの先頭に戻る

Page Top