教育学部図書館 教育学部図書館

図書館の利用

学生、院生、教職員のほか、学外の方も利用できます。
学外の方の利用については 学外の方へ をご覧ください。

館内閲覧

館内に配架されている資料は自由に利用できます。
使用後は、必ず元の場所へ戻してください。
わからなくなったときはカウンターに返却してください。

資料の探しかた

蔵書検索(OPAC)は信州大学内の図書館・図書室・資料室・研究室所蔵の図書(視聴覚資料・CD-ROMを含む)・雑誌を検索できるシステムです。
館内にある端末はもちろん、学内LANに接続している研究室の端末や自宅、携帯電話からも利用できます。
蔵書検索(OPAC)

 

図書の利用

所在 貸出の可否
教育学図(下記以外) 自由に閲覧でき、貸出可能です。それぞれの配架場所は、館内案内図でご確認ください。
教育学図(楽譜) 貸出冊数:2冊、貸出期間:7日間 となります。
教育学図(視聴覚資料) ○もしくは× 貸出可能な資料については、貸出冊数:2点、貸出期間:4日間 となります。
教育学図(教科書) × 閲覧は自由ですが、館外への貸出は禁止です。館内で利用してください。
教育学図(参考) × 閲覧は自由ですが、館外への貸出は禁止です。館内で利用してください。
教育学図(指定図書) × 閲覧は自由ですが、館外への貸出は禁止です。館内で利用してください。
教育学図(書庫1-2層) 自由に利用できます。入口は2階協働学習スペースにあります。
研究室
※OPACで「状態」の欄に「研究室」と表示されるもの
× 図書館ではなく、教員の研究室にて所蔵されています。利用を希望される場合は、カウンターの職員にご相談ください。
 

雑誌の利用

 

雑誌は下記のようにならべてあります。館外貸出はできません。

所在 貸出の可否
教育学図(雑誌) × 2000年~最新のものは、1階の雑誌コーナーに配架しています。
1999年以前のバックナンバーは、書庫3層に配架しています。
 

新聞の利用

  

下記の新聞を購読しています。保存期間はすべて1年間です。

  • 信濃毎日新聞 (最新1年間保存)
  • 朝日新聞
  • 読売新聞
  • 日本経済新聞
  • 日本教育新聞
  • 教育家庭新聞
 

各種データベース

   

図書館内だけで利用できるのは、以下の3つのデータベースです。
それ以外のデータベースは、学術情報データベースのページからご利用ください。

  • 信濃毎日新聞データベース (自由に利用できます)
  • 日本教育新聞記事検索データベース (利用の際はカウンターの職員へお申し出ください)
  • 国立国会図書館デジタル資料送信サービス (利用の際はカウンターの職員へお申し出ください)

図書館資料の複写(コピー)

図書館の資料は、著作権法による一定の制約のもとに複写することができます。
館内には生協コピーカード専用のコピー機が設置されています。
備え付けの「複写申込書」に記入してご利用ください。
※持ち込み資料の複写はできません。
※生協コピーカードをお持ちでない方、カラーコピーをご希望の方は、カウンターの職員へご相談ください。