信州大学医学部附属病院遺伝子診療部 信州大学医学部遺伝医学・予防医学講座

  • トップページ
  • 受診のご案内
  • 講座のご案内
  • ごあいさつ

GENETOPIA 「十分な遺伝カウンセリング」と「適切な遺伝学的検査」理想的な遺伝子診療を追求し続けます

医療関係者様へお願い 遺伝子診療部へのご紹介について 大学院入試情報
 

信州大学医学部附属病院 遺伝子診療部部長 ご挨拶

遺伝医学・予防医学講座教授 遺伝子診療部部長 福嶋 義光

遺伝医学・予防医学講座教授
遺伝子診療部部長
福嶋 義光

近年の分子遺伝学の著しい進歩により、多くの疾患の病因が遺伝子レベルで解明されてきています。21世紀は予防医学の時代になるであろうといわれるように、遺伝子情報に基づいて、病気になる前から一人一人の体質を明らかにし、それぞれに適した生活環境を整えたり、予防薬を服用するなどして、病気を発症しないようにする新しい医学・医療が始まろうとしています。

遺伝子情報を医療の場で生かしていくためには、患者・家族に対する遺伝カウンセリングが必須であり、また遺伝情報の漏洩、遺伝的差別、検査の強要などが起こらないように、倫理的諸問題にも対応できる体制を作る必要があります。

詳しく見る