教員紹介

かまだ たかゆき

鎌田 隆行

フランス語学・フランス文学 准教授

鎌田 隆行
職名 准教授
所属分野 フランス語学・フランス文学分野
研究分野 フランス語学・フランス文学分野
研究課題 バルザックを中心とした十九世紀フランス文学、生成論
所属学会 日本フランス語フランス学会 日本バルザック研究会 国際バルザック研究会(GIRB) ロマン主義・十九世紀研究会(SERD)
出身校 早稲田大学、名古屋大学、パリ第八大学
SOAR 研究者総覧(SOAR)へリンク

生成批評の立場から十九世紀フランスの文学テクストに取り組んでいる。近年はバルザック『パリにおける田舎の偉人』や『セザール・ビロトー』の生成資料を主なコーパスとし、自筆草稿や校正刷り等の検証を進めてきた。支持体の問題を視野に入れて、文学作品の生成・流通・受容の関係を広く考察することを目指している。

教員 BLOG

一覧を見る

シンポジウム報告集Balzac et aliiの電子出版

シンポジウム報告集Balzac et aliiの電子出版

『アンチモダン 反近代の精神史』刊行について

哲学的解釈学からテクスト解釈学へ

テクストの解釈学

トップページ 教員紹介 鎌田 隆行

ページの先頭へもどる