オーストリア連邦森林・自然災害・景観研究研修センター、長野県林務部との三者間連携協定を更新しました

グローバルトピックス在学生の方へ

協定書調印式(前列 BFW:Peter Mayer所長、長野県:山﨑明林務部長、信州大学農学部:加藤正人教授、後列 BFWオシアッハ研修所:DI Johan Zocher所長、中島恵理副知事、オーストリア連邦政府 持続可能なツーリズム部門 Ingwald Gschwandtl部長)
協定書調印式(前列 BFW:Peter Mayer所長、長野県:山﨑明林務部長、信州大学農学部:加藤正人教授、後列 BFWオシアッハ研修所:DI Johan Zocher所長、中島恵理副知事、オーストリア連邦政府 持続可能なツーリズム部門 Ingwald Gschwandtl部長)

平成30年8月30日、オーストリアのクラーゲンフルト市で、オーストリア連邦森林・自然災害・景観研究研修センター(BFW)と長野県林務部、信州大学農学部との三者間連携協定の更新を行いました。調印式には、農学部から加藤正人教授が参加しました。オーストリアの山岳・森林・景観に関する研究は世界でもトップレベルであり、またヨーロッパの林業先進国として、世界各地から多くの学生や林業関係者を受け入れ、質の高い教育を実施しています。連携相手機関であるBFWはそうした研究・教育に関するオーストリアの拠点であり、農学部との覚書を更新することは、両者の共同研究を推進させ、また学生の派遣等による教育効果も期待できます。

■オーストリア連邦政府・持続可能な開発省のホームページ記事
https://www.bmnt.gv.at/forst/eu-international/MoU-des-BFW-mit-Japan.html

« 前の記事へ

お知らせ一覧にもどる

次の記事へ »

a