ネパール西部カルナリ県、極西部マハカリ県、セティ県において植物遺伝資源の探索収集・調査を行いました

トピックス

ネパール極西部セティ県ドーティ郡の農村での調査
ネパール極西部セティ県ドーティ郡の農村での調査
ネパール極西部マカハリ県ダデルデゥラ郡で収集したアマランサス遺伝資源
ネパール極西部マカハリ県ダデルデゥラ郡で収集したアマランサス遺伝資源
ネパール極西部マカハリ県ダデルデゥラ郡で収集したトウガラシ遺伝資源
ネパール極西部マカハリ県ダデルデゥラ郡で収集したトウガラシ遺伝資源
ネパール極西部マカハリ県バイタディ郡山岳地域の農村
ネパール極西部マカハリ県バイタディ郡山岳地域の農村
ネパール極西部セティ県ドーティ郡山岳地域の農村
ネパール極西部セティ県ドーティ郡山岳地域の農村

 本学部では、農林水産省委託プロジェクト研究「海外植物遺伝資源の収集・提供強化」(PGRAsia)に参加しており、アジアにおける遺伝資源の探索、評価を実施しています。このプロジェクトの一環として、農学部植物資源科学コースの根本和洋助教及び松島憲一准教授が、平成28年10月26日から11月13日までネパール西部カルナリ県、極西部マハカリ県及びセティ県において、植物遺伝資源の探索収集・調査を実施しました。この調査は本学部と連携協定を締結しているネパール農業省ネパール農業研究評議会(NARC)傘下のネパール・ジーンバンクとの共同事業として実施され、日本からは本学部の他、(国研)農研機構野菜花き部門、同遺伝資源センター、茨城県農業総合センター生物工学研究等も参加しました。
 今回の調査により、トウガラシやアマランサスなど約220系統の植物遺伝資源を収集しました。来年度、これらの植物遺伝資源は本学部とネパールのジーンバンクにおいてそれぞれ栽培試験により評価、増殖され、日本とネパールのジーンバンクに種子が保存されます。また、これら遺伝資源種子は品種改良や様々な研究に活かされることになります。

« 前の記事へ

お知らせ一覧にもどる

次の記事へ »

a