ゲノム編集でニワトリを品種改良 -低アレルゲン性卵の生産へ道筋-

トピックス

 学術研究院農学系 鏡味裕 教授は,国立研究開発法人産業技術総合研究所バイオメディカル研究部門細胞分子機能研究グループ付 大石勲 総括主幹,国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構畜産研究部門 田上貴寛 上級研究員らと共同で,卵白に含まれる強力なアレルゲンであるオボムコイドの遺伝子を欠失したニワトリを開発した。
 今回,次世代の品種改良技術としてさまざまな動植物で研究が行われているゲノム編集技術クリスパー・キャス9(ナイン)法をニワトリに初めて適用して,ニワトリなど家禽(かきん)の新しい品種改良法を開発した。ゲノム編集により精子や卵子の元になる始原生殖細胞のオボムコイド遺伝子を欠失させて,オボムコイド遺伝子欠失ニワトリを作製した。このニワトリが生産する卵は,オボムコイドタンパク質を含まないことが期待され,副作用の少ないワクチンの生産や低アレルゲン性卵の開発に繋がると期待される。
 なお、この技術の詳細は、2016年4月6日(英国時間)にScientific Reportsへオンライン掲載される。

その他詳細は,PDF資料を参照。

【取材に関する窓口】
国立研究開発法人 産業技術総合研究所 企画本部 報道室 佐藤 秀美
〒305-8560 茨城県つくば市梅園1-1-1 中央第1
つくば本部・情報技術共同研究棟8F
TEL:029-862-6216 FAX:029-862-6212
E-mail:press-mlaist.go.jp
(★を@に置き換えてください)

« 前の記事へ

お知らせ一覧にもどる

次の記事へ »

a