平成27年度信州大学農学部公開講座「体験しよう!ノーベル化学賞『クロスカップリング反応』の実験」(9月26日(土))を開催します

トピックス一般の方へ受験生の方へ農学部イベント情報

 平成27年度信州大学農学部公開講座「体験しよう!ノーベル化学賞『クロスカップリング反応』の実験」を下記のとおり開催します。
 2010年のノーベル化学賞はパラジウム触媒を用いたクロスカップリング反応の研究に対して,北海道大学鈴木章博士,米国パデュー大学根岸英一博士,米国デラウェア大学リチャード・ヘック博士に授与されました。有機化学の反応のうちで最も難しい反応の一つが炭素と炭素をくっつける反応です。この反応は医薬品や液晶などの機能性材料の製造に使われており,産業界に大きく貢献しています。
本公開講座ではクロスカップリング反応の仕組みを平易に解説します。また,2種類のクロスカップリング反応の実験を体験して頂きます。化学の面白さを楽しんで頂ければこの上ない喜びです。

・日時:平成27年9月26日(土)10:00~16:00(受付9:40~)
・対象:中学生,高校生,一般市民
・定員:20名
・受講料:5,400円
・申込締切:9月17日(木)(※定員になり次第締切)
・場所:信州大学農学部 F棟総合実験実習棟 (長野県上伊那郡南箕輪村8304)
・案内チラシはこちら(PDF:1,138KB)

◆◆スケジュール・イベント内容
9:40 受付(総合実験実習棟1階ホール)
10:00 講義:クロスカップリング反応の概要説明
11:10 講義: 留学体験記(米国Purdue大学 根岸英一研究室)
12:10 昼食(各自)・休憩
13:00 実験:クロスカップリング反応の実験(2種類)
15:10 まとめ
16:00 閉会

◆◆講師紹介
 氏名:真壁 秀文(まかべ ひでふみ)
 所属:信州大学学術研究院(農学系) 教授
 研究分野:生物有機化学
 主な研究テーマ: 顕著な生物活性を有する天然有機化合物の合成研究

◆◆講座内容についての問い合わせ先
 信州大学学術研究院農学系 真壁 秀文
 TEL: 0265-77-1630 FAX:0265-77-1700
 e-mail: makabeh★shinshu-u.ac.jp (※「★」を「@」に変換してください。)

◆◆申込方法
 受講希望の方は,下記の必要事項をFAXまたはメールにご記入いただき,信州大学農学部学務グループ公開講座担当宛てにお送りください。(※受講料は公開講座当日,受付にて徴収します。)
◇◇申込み記入事項
  ・氏名(よみがな) ・性別 ・年齢 ・住所 ・電話番号
  ・メールアドレス(FAXでお申込みの方はFAX番号)
  ・職業(学生の方は,「高校生」「大学生」等とご記入ください)
  ※メールまたはFAXのタイトルには【農学部9/26公開講座申込み】と必ずご記入ください。
◇◇申込み先
 信州大学農学部学務グループ 公開講座担当 
 FAX:0265-77-1313
 e-mail:ngakumu★shinshu-u.ac.jp (※「★」を「@」に変換してください。)
 お問い合わせTEL:0265-77-1339
 (対応時間...8:30~17:15 ※土日祝日,一斉夏季休業日(8月12日~14日)を除く)

◆◆その他
・交通,キャンパスマップについては こちら を参照してください。
・当日は大学内の生協食堂の営業はありませんのでご注意ください。

« 前の記事へ

お知らせ一覧にもどる

次の記事へ »

a