NEWS

アラブ首長国連邦(UAE)の教育省高官がCOI拠点を視察 交流を促進へ

 アラブ首長国連邦(UAE)のH.H. Sheikh Abdullah bin Zayed Al Nahyan外相と、H.E. Hussain Ibrahim Al Hammadi教育相に随行して来日した教育省のCurriculum Director、Dr. Rasheed Alhammadiさんが4月19日、信州大学国際科学イノベーションセンター(AICS)を訪問し、アクア・イノベーション拠点の取り組みを視察しました。Khaled Alameri駐日UAE大使が3月7日に信大を訪問したことを受け、大使の助言を受けて訪問が実現したもので、UAEからの留学生受け入れや共同研究に向けた交渉が、今後スムーズに進むことが期待されています。

 この日、信州大学を訪問したのは、UAE教育省のCurriculum DirectorのDr. Rasheed Alhammadiさん、Director of Environment, Health and Safety DirectorateのHamdan Al Saediさん、Cluster ManagerのFathiya Al Shehhiさん、Ameena Al Aleeliさん、Strategy and Future DepartmentのNoor Belhoulさん、在日UAE大使館の文化・教育担当、品川純世さんの6人です。信州大学側はグローバル教育推進センター長の田中清・副学長(国際交流担当)、アクア・イノベーション拠点の研究リーダーである遠藤守信・特別特任教授、竹内健司准教授ら5人ほどが迎えました。

P1050096.JPG

 一行は長野(工学)キャンパスに到着するなり、満開で見ごろとなった正門近くのサクラにいたく感動し、AICSの2階展示フロア内のオーバルスタジオへ。田中副学長の開会あいさつに続き、Dr. Rasheed Alhammadiさんは、首相直属のイノベーション・プログラムやUAE大学のインキュベーションセンターや水のCOE拠点を通じた教育省との連携可能性に言及し、「今回の訪問が、お互いの協働にとって実りあるものとなることを期待している」とコメントしました。この後、遠藤特別特任教授の説明に続き、AICSの7階にあるCOI研究室を視察。ランチミーティングも行われ、貴重な交流の機会となりました。

P1050083.JPG