信州大学皮膚科で学ぶ専攻医の標準的な1週間と当科のスケジュールを紹介します。

1日の主なスケジュール

回診前準備

回診前準備

病棟で回診前の準備を始めます。カルテをチェックし、臨床実習中の学生から朝の患者さんからの訴えを聞いたり、看護師からの報告を受けたりします。

回診

回診

病棟回診(上級医、研修医、学生)です。当科における入院業務は病棟医長の下に2つのグループがおかれ、疾患の種類を問わずに均等に診療を行っており、中央手術室での手術は病棟グループが担当します。各グループは卒後6-10年目の専門医、専門医取得前の医師、専攻医の数名からなり、これに学生が2~3名が加わります。回診時には担当の看護師が加わります。

診察

病棟業務が終われば、外来の教授か准教授の診察に同行します。

昼食

昼食

昼食は病院のレストラン、職員専用食堂、医局などでとります。

手術

手術

皮膚科の手術枠は火曜日と金曜日の午後で、2つの病棟グループが分担します。
火曜と金曜以外は外来手術室での小手術や検査(皮膚テスト、負荷試験、光線テスト、発汗試験、など)に従事します。

カンファレンス

カンファレンス

病棟で、術後管理や当日入院した患者について各グループで検討し診療計画を立てます。また夜間から明日までの指示の確認などを行います。外来担当日は臨床写真の整理をします。そのほか、生検や手術を担当した患者さんの病理標本の確認や、検討会における発表にむけてサマリー作成、学会発表の予定があればその準備などを行います。

レクチャー

レクチャー

年間を通して、専攻医向けに皮膚科診療のためのレクチャーを上級医が行います。手術や検査などの実技は日々の業務の中で学びます。夏〜秋からの外勤業務にむけて皮膚科のcommon diseaseやemergencyへの対応力アップを目指します。

専攻医を中心に、皮膚科専門医試験問題を題材にした勉強会も開催中。

2019March.jpg

定期ミニレクチャー(2021年度の担当)

乾癬診療 up-to-date、アトピー性皮膚炎の診断と治療 小川 
ダーモスコピー入門編、文献検索、データの読み方 古賀
外用薬の使いかた、アレルギー問診術と検査、膠原病の皮膚のみかた 木庭
メラノーマ診療 up-to-date 中村
病理のみかた・用語解説 皆川
手術の基本手技 面高 

1週間の主なスケジュール

17:00准教授、講師、病棟医長による入院患者のカルテ回診
13:00皮膚科手術枠
8:30教授回診
9:30外来初診患者診察
16:30病理検討会(専門医を持つ医師による持ち回り司会)
17:00外来症例の検討会
17:15手術検討会
17:30ミニレクチャ、専門医試験問題解説
13:00皮膚科手術枠

外勤

7月から関連病院での外来業務が週1回始まります。

学会参加

専攻医の学会出席は年数回以上あり、皮膚科学会の地方会には毎回演題を発表します。また、皮膚科学会総会(教育講演が充実しており、同時に開催する専門医取得のための講習会やハンズオンセミナーにも出席できるため)と支部総会には原則として参加します。

講習会参加

専攻医には、日本皮膚科学会が主催する講習会に年数回以上参加する機会があります。各分野のエキスパートが講師をつとめ、充実した内容を学べます。2020年以降はオンライン開催で実施されるようになり、安全安心です。専門医取得に必要な単位が定められています。