専門医としてのステータスが高く、開業しやすく、ある程度自分の時間も持つことができる皮膚科は、国内外で人気の高い診療科です。何よりも、皮膚科学自体が奥が深く、診断から治療までを一貫して行う、一生かけて勉強する価値のある専門科として認知されているようです。

学生や初期研修医のみなさんを対象とした、日本皮膚科学会の総会や東部支部学術大会などの参加優待や、例年人気の皮膚科サマースクールなど、皮膚科医の面白さ、奥深さを味わう機会もあります。例年、意欲のあるかたを推薦して参加していただいています。

医局見学は随時受け付けております。半日コース、1日コース、2日コース、1週間コースなどご希望に合わせてアレンジいたします。イチ押しは、木曜の教授回診やカンファレンスと、金曜午後の手術見学を含めた2日コースです!! なお、医局説明会は、例年4−8月までに数回行います。お気軽にお問い合わせください。

 *お問い合わせ先*  E-mail:derma@shinshu-u.ac.jp 統括医長 皆川まで

2019March.jpg

信州大学皮膚科学教室のここが魅力

実力ある指導医がいます

皮膚科専門医12名、うち指導医6名、がん治療認定医4名、アレルギー専門医が2名、が在籍しています。医局員のうち約半数が信州大学以外の大学出身者です。奥山教授をはじめ、深い知識と人間的魅力にあふれる指導医が待っています。

やりがいのある仕事があります

外来には県内外からさまざまな疾患の患者さんが受診されます。疾患があらゆる分野にわたる点は地方大学ならではの特性です。当科では診断から治療まで一貫して行っているので、広く深く学べます。

カンファレンスが充実しています

臨床写真による外来症例検討会や病理組織検討会などを毎週行い、経験を共有し診断力や知識を高めています。

教員によるミニレクチャや、若手による専門医試験問題解説などの定期的な学びの時間もあります。

女性医師に対するサポート体制があります

子育て中の女性医師も働きやすい環境づくりを心がけています。

女性医師のキャリア支援体制

女性医師のライフイベントに合わせた
キャリア形成をサポートしています

入局 大学病院 関連病院 まずは皮膚科の基礎をしっかり身に付けましょう 研究もしてみたい 大学院進学 国内外留学 学位取得 臨床を極めたい 大学病院でフルタイム勤務 学会発表・論文発表多数 臨床研究も手術も 家庭と両立 産休・育休制度(期間はフレキシブル) 時短勤務あり(外来診療のみ) 夫とともに海外赴任  この間に専門医を取得 (例)初期研修終了後に入局・大学病院勤務、2-3年目 関連病院皮膚科勤務、6-7年目 専門医取得、その間に結婚・出産 育休後復帰して時短勤務や大学院で研究生活をしながら活躍中!