学長メッセージ

学長 中村宗一郎
学長 中村宗一郎

 大学の存在意義(パーパス)の一つに『SDGsへの貢献』があります。ご存知のように、SDGsの基本理念はNo one will be left behind(誰ひとり取り残さない)です。真の共生社会を実現するためには、全ての人が自立し、互いに助け合うことで"自分らしく"暮らし続けることのできる社会風土を涵養することが求められます。信州大学のミッション・ビジョン・バリューは、真の共生社会構築に資することにあると認識しています。インクルージョンやダイバーシティは、そこに行く着くための重要な過程、手段、方法と考えられます。信州大学が未来へと続くサスティナブルな組織になるよう、男女共同参画の試みをさらに前に推し進めます。

 信州大学では平成23年12月に「信州大学男女共同参画宣言」を行い、男女共同参画社会の実現に努め、これを自らの社会的責務とすることを宣言しました。宣言と同時に、次のような「信州大学男女共同参画基本方針」を策定し、それらを実現するための「信州大学男女共同参画行動計画」を制定しました。

 1. 男女共同参画推進体制の確立
 2. 女性研究者の応募・採用拡大と育成の促進及び研究活動の支援
 3. 大学運営に関する女性参画の推進
 4. 仕事と生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)の推進
 5. 男女共同参画に関する教育・啓発活動と学内外の協力・連携

 国は、男女共同参画社会基本法に基づき、第5次男女共同参画基本計画(令和2年12月15日閣議決定)を策定しました。その中で2020年代の可能な限り早期に指導的地位に占める女性の割合を少なくとも30%程度となるよう取組を進めるとし、大学教授等に占める女性の割合についても、2025年(令和7年)までに23%とすることを目指しています。信州大学では、この政策方針に配慮した女性教員比率向上のためのポジティブアクション(積極的改善措置)を実施しています。その結果、信州大学では教員に占める女性の割合は着実に増えてきましたが、私は、この流れをさらに前に進めていく所存です。

 多様な性を生きる学生や教職員に寄り添うことも重要と考えます。わが国には性的マイノリティ(LGBTQ+)の方々を守る法律はまだなく、このような人たちの人権の保護が急がれます。そこで、多様な性についての理解を深め、習慣・常識を変え、理解者を増やすことを大学として考えます。具体的には、LGBTQ+の教員、職員、学生の就労・就学上の課題に適切に対応するためのガイドラインの作成を急ぎます。そして、全ての教員、職員、学生の方々にとって、本学が「学び甲斐があり、働き甲斐があり、互いの夢が叶う大学」となるよう、就労・修学上の環境整備、例えば多目的トイレや更衣室の増設等を積極的に進めたいと考えています。

令和3年10月

男女共同参画推進センター長メッセージ

センター長 中島美帆
センター長 中島美帆(学術研究院理学系教授/学長補佐)

 いわゆるアラフォー世代の私にとっては、今の大学生がノートPCやスマートフォンを平然と使いこなす姿が、まるでSF映画の登場人物のように見えることがあります。科学技術の進歩により、数十年前には想像もできなかった形で便利な世の中になりました。一方で、長年望まれながら実現していないものも多くあり、そのうちの一つが男女共同参画(gender equality)です。その理念が世界共通のものとなって久しいにも関わらず、いまだに達成されていません。例えば大学教員の男女比率は大きく偏りがあるままで、結果的に少数派の学生が不利益を被る分野も少なくないようです。

 しかし、現代社会が急速な変化の渦中にいることは確かであり、新しい「令和」時代の大学生たちは、色々な意味で多様性(diversity)が重視される世界に羽ばたいていく世代です。早くから多元的な思考力を身に付けて、変化に対応する必要があるでしょう。私も大学教員として、この予測不能な未来を生き抜かねばならない若者たちに教えられることは何だろうかと、悩み多き日々を送っていますが、少なくとも将来への希望を伝えることが教員の使命だと思っています。

 信州大学男女共同参画推進センターは発足当時から、保育園の整備、研究補助者制度、意識啓発など、教職員が「働く場」としての大学の男女共同参画を推進する役割を担ってきました。加えて平成28年度から、学内外の講師を集め、男女共同参画に関する共通教育科目授業を開講しています。この講義を通して学生は、現状における問題点を把握し、自らの生き方・働き方について考えることができます。明快な答えを示すことができないもどかしさを感じながらも、このような場を提供することは「学ぶ場」である大学としての重要な役割だと考えています。

 新しい元号の訪れと共にセンター長を務められることを幸運ととらえ、男女共同参画推進センターの活動をより進化させたいと思っております。今後とも皆様のご理解とご協力をお願いいたします。

平成31年4月