事業構想大学院大学との包括連携協定を更新

活動報告

20190729 conference.JPG 20190729 representatives.JPG

7月14日付けで、2014年に本学と学校法人先端教育機構 事業構想大学院大学と締結した包括連携協定を更新したことに伴い、7月29日、信州大学繊維学部において、両大学の懇談会を開催しました。
事業構想大学院大学は、事業構想力を鍛えることを目的とした日本で唯一の大学院(専門職大学院)です。 本プログラムの履修生は、2015年度から事業構想大学院大学の講義を受講しています。
学生たちは、事業構想大学院大学での受講を通して、「プロジェクトの構築、マネージメント、完結、事業化にわたる総合的な知識・経験を得ること」、「社会人と一緒に教育を受けることにより、社会性を身に着けること」などを習得し、社会人との新たなネットワークを構築しています。

本協定の更新により、両大学の一層の連携と交流が図られることが期待されます。

※ 事業構想大学院大学との包括連携協定の更新について、JIJI.COMに掲載されました。

20190729 attendees.jpg

前列左から、(事業構想大学院大学)谷野豊研究科長、岩田修一副学長、(信州大学)濱田州博学長、玉田靖繊維学部産学官連携室長、高寺政行リーディングプログラムコーディネーター、池田勉産学官地域連携課長、窪田実文学務部学務課大学院室長、後列左から(信州大学)林靖人産学官連携・地域総合戦略推進本部長、大月克幸繊維学部事務長

« 前の記事へ

お知らせ一覧にもどる