• 受験生の方へ
  • 医師の方へ
  • 企業団体の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 地域の方へ
  • 在学生の方へ

博士課程 医学系専攻

脳神経内科 リウマチ・膠原病内科学

概要

第3内科は神経内科、リウマチ・膠原病内科を中心とした診療と臨床研究(治療法の開発・疾病の原因究明)を行っています。診療と研究は別のものでは ありません。優れた臨床医でなければ出来ない、基礎医学者とは別の視点に立った研究を進め、日常診療に還元することを心がけています。

また、研究に従事す ることで、より優れた臨床医になることを目標にしています。第3内科のスタッフの多くはそれぞれの専門領域では世界的に有名な施設での研鑽を積んでおり、 診療、研究の指導にあたっています。初期研修での内科研修を行った後に専門医としての臨床研修と研究を開始します。

研究は大学院に入学して行うことを勧めています。その後、より専門を深めるために国内外の大学病院、研究所へ数年間留学することを率先して行っています。

研究テーマ

臨床に則した以下の4本の柱で研究をしています。

  1. 病理形態
    認知症、ニューロパチー、筋疾患などの発生機序に関する研究。アミロイドーシスの臨床病理学的研究。
  2. 生理
    脊髄反射・運動単位電位記録・表面筋電図・経頭蓋磁気刺激・誘発電位・脳磁図などを用いた、中枢性運動障害の研究。パーキンソン病など基底核疾患に対する定位脳手術で得られたデータの解析。
  3. 生化学・分子遺伝学
    神経・筋疾患、アミロイドーシス、成人型シトルリン血症、脊髄小脳変性症などを中心に内科疾患の成因・診断・治療に関する分子生物学・蛋白化学・臨床遺伝学的研究。
  4. 膠原病・リウマチ疾患
    臨床研究として、関節リウマチ、膠原病に対しての新しい治療の試み。関節リウマチに伴うアミロイドーシスの成因の解明と、新しい治療法の開発。免疫グロブリンアミロイドーシスに対する新たな化学療法の研究。フローサイトメトリーを用いた膠原病のリンパ球解析。

スタッフ

准教授

関島 良樹、下島 恭弘

講師

加藤 修明、宮﨑 大吾(兼務)、日根野 晃代(兼務)

助教

岸田 大、小平 農

その他

12名

学生数

博士課程学生数

1名

主要な成果/Major Publications

  1. Nakagawa M, Sekijima Y, Tojo K, Ikeda S. High prevalence of ATTR amyloidosis in endomyocardial biopsy-proven cardiac amyloidosis patients.  Amyloid 2013;20:138-140.
  2. Tachibana N, Kinoshita M, Saito Y, Ikeda S. Identification of the N-methyl-D-aspartate receptor (NMDAR)-related epitope, NR2B, in the normal human ovary: implication for the pathogenesis of anti-NMDAR encephalitis. Tohoku J Exp Med 2013;230:13-16. 
  3. Naito K, Fukushima K, Suzuki S, Kuwahara M, Morita H, Kusunoki S, Ikeda S. Intravenous immunoglobulin (IVIg) with methylpredonisolone pulse therapy for motor impairment of neuralgic amyotrophy: clinical observations in 10 cases. Intern Med 2012;51:1493-1500.
  4. Ikeda S, Sekijima Y, Tojo K, Koyama J. Diagnostic value of abdominal wall fat biopsy in senile systemic amyloidosis. Amyloid 2011;18:211-215.
  5. Sekijima Y, Uchiyama S, Tojo K, Sano K, Shimizu Y, Imaeda T, Hoshii Y, Kato H, Ikeda S. High prevalence of wild-type transthyretin deposition in patients with idiopathic carpal tunnel syndrome: a common cause of carpal tunnel syndrome in the elderly. Hum Pathol 2011;42:1785-1791.
  6. Kodaira M, Morita H, Shimojima Y. Ikeda S. Electrophysiological features of familial amyloid polyneuropathy. Amyloid 2011;18:10-18.
  7. Tsuchiya-Suzuki A, Yazaki M, Kametani F, Sekijima Y, Ikeda SI. Wild-type trans-thyretin significantly contributes to the formation of amyloid fibrils in familial amyloid polyneuropathy with amyloidogenic transthyretin Val30Met. Hum Pathol  2011;42:236-243.
  8. Ikeda S, Sekijima Y, Tojo K, Koyama J. Diagnostic value of abdominal wall fat biopsy in senile systemic amyloidosis. Amyloid 18: 211-215, 2011.
  9. Tsuchiya-Suzuki A, Yazaki M, Kametani F, Sekijima Y, Ikeda S. Wild-type     transthyretin significantly contributes to the formation of amyloid fibrils in familial amyloid polyneuropathy patients with amyloidogenic transthyretin Val30Met. Hum Pathol 42:236-243, 2011. 
  10. Kodaira M, Morita H, Shimojima Y, Ikeda S. Electrophysiological features of familial amyloid polyneuropathy in endemic area. Amyloid 18:10-18, 2011.

博士課程 専攻案内

メニュー