沿革・歴史

信州大学医学部保健学科は、1929年設立の松本市立病院附属看護講習所を母体としています。信州大学医学部の設立に伴い、信州大学医学部附属看護婦養成所を経て、その後設立された附属衛生技師学校、を統合し信州大学併設医療技術短期大学部から、さらに信州大学医学部附属助産婦学校を統合、信州大学医学部保健学科へ改組され今日に至ります。

2009年(H21) 信州大学大学院医学系研究科に保健学専攻(博士後期課程)を設置するとともに、保健学専攻(修士課程)を保健学専攻(博士前期課程)に改称
2007年(H19) 信州大学大学院医学系研究科に大学院保健学専攻(修士課程)を設置
2002年(H14) 信州大学医学部保健学科へ改組
1983年(S58) 理学療法学科、作業療法学科を設置
1977年(S52) 信州大学医療技術短期大学部に助産学特別専攻を設置
1976年(S51) 看護科は看護学科に、衛生技術科は衛生技術学科へ改称
1974年(S49) 信州大学の併設医療技術短期大学部として、
看護科、衛生技術科の2学科をもって設置
1972年(S47) 信州大学医学部附属臨床検査技師学校へ改称
1966年(S41) 信州大学医学部附属衛生検査技師学校の設置
1963年(S38) 信州大学医学部附属助産婦学校の設置
1952年(S27) 信州大学医学部附属看護学校と改称
1950年(S25) 信州大学医学部附属甲種看護婦養成所に改組
1945年(S20) 松本医学専門学校医院看護婦講習所と改称
1929年(S4) 松本市立病院附属看護講習所の設置