神経遺伝学

テーマ12:脊髄小脳変性症をはじめとした遺伝性神経疾患の網羅的遺伝子解析

当科では、神経難病学講座および遺伝子医療研究センターと共同で、遺伝性神経疾患の遺伝学的診断と遺伝カウンセリングに取り組んでいます。特に遺伝性脊髄小脳変性症においては、フラグメント解析法やサンガー法を駆使して、これまでに200家系を超える患者さんの遺伝子解析を実施しています。また、2015年に次世代シークエンサーを導入し、候補遺伝子を搭載したパネル解析を駆使し、病型未同定家系の原因探索を行っています。
また、耳鼻咽喉科・遺伝子医療研究センターをはじめとする院内各診療科と共同で運営する診断委員会に主体的に関与し、日本医療研究開発機構(AMED)による未診断疾患イニシアチブ(IRUD)を通じた全エクソーム解析も行っています。

脊髄小脳変性症とは?

  • 脊髄小脳変性症(以下SCD)は、主に小脳と脊髄の変性の結果、運動失調(歩行障害、手の震え、呂律が回らない、など)が緩徐に進行する、神経難病の一つ
  • 約1/3が遺伝性であるが、多数の病型が存在しており、遺伝学的に診断が確定していない患者が多い
  • 長野県はSCD患者が多い地域である

代表的な業績

  1. Yoshinaga T, Nakamura K, Ishikawa M, Yamaguchi T, Takano K, Wakui K, Kosho T, Yoshida K, Fukushima Y, Sekijima Y. A novel frameshift mutation of SYNE1 in a Japanese family with autosomal recessive cerebellar ataxia type 8. Hum Genome Var. 26;4:17052, 2017
  2. Nakamura K, Yoshida K, Matsushima A, Shimizu Y, Sato S, Yahikozawa H, Ohara S, Yazawa M, Ushiyama M, Sato M, Morita H, Inoue A, Ikeda SI: Natural History of Spinocerebellar Ataxia Type 31: a 4-Year Prospective Study. Cerebellum. 16:518-524, 2017
  3. Yoshida K, Kuwabara S, Nakamura K, Abe R, Matsushima A, Beppu M, Yamanaka Y, Takahashi Y, Sasaki H, Mizusawa H: Idiopathic cerebellar ataxia (IDCA): Diagnostic criteria and clinical analyses of 63 Japanese patients. J Neurol Sci.284:30-35, 2018
  4. Nagamatsu K, Sekijima Y, Nakamura K, Nakamura K, Hattori K, Ota M, Shimizu Y, Endo F, Ikeda SI: Prevalence of Fabry disease and GLA c.196G>C variant in Japanese stroke patients. J Hum Genet. 62:665-670, 2017