アミロイドーシス診断支援サービス

信州大学内科学第三教室では、アミロイドーシスに関する診断支援サービスを行っています。アミロイドーシスが疑われる患者さんがいらっしゃいましたらご相談ください。
まずはメールにてお問い合わせください。担当者が対応し必要な診断支援サービスを提供します。

ご相談・お問い合わせ

信州大学内科学第三教室 E-mail: sannai@shinshu-u.ac.jp

サービス内容

当科で提供している診断支援サービスは以下の通りです。

1.アミロイドーシスの病型診断

  • 免疫組織染色を用いてAL, ATTR, AA, Aβ2Mアミロイドーシスの診断を行います。
  • 通常の免疫染色で診断困難な場合は、抽出したアミロイド蛋白のアミノ酸シークエンスによるアミロイド蛋白の同定を行います。
  • 必要なサンプル:薄切した未染色のスライド10枚

2.家族性アミロイドーシスの遺伝子診断

  • 家族性アミロイドーシスの原因遺伝子であるTTR遺伝子およびgelsolin遺伝子の解析を行います。
  • 必要なサンプル:ヘパリン、EDTA-2Na もしくは EDTA-2Kの採血管で10mL採血後クール宅急便でお送りください(冷蔵の状態で数日の保存可能です)。
    ※凍結すると溶血しDNA抽出が困難となりますので、凍らせないようにしてください。

3.血清中のアミロイド蛋白の解析

  • MALDI-TOF質量分析装置を用いた血中変異TTRの検出を行います。
  • 必要なサンプル:血清分離用の採血管で採血後、血清を遠心分離し凍結した状態で送ってください(最終的な血清として1mL以上、できれば2mL以上必要です)。
    ※採血後直ぐに送っていただけるのであれば、採血した試験管のままの状態でクール宅急便で送っていただいても結構です(この場合は凍結しないでください)。

4.その他全てのアミロイドーシスに関する診療や治療に関する相談