研究テーマ一覧>テーマ6 前へ 次へ

テーマ6:筋ジストロフィー(ジストロフィン異常症)の病態解明

我々は,Duchenne型筋ジストロフィー(DMD)を代表とするジストロフィン異常症の病態解明について研究を行っている.これまでに,ジストロフィン欠損マウス(mdx)や筋ジストロフィー犬の骨格筋において,細胞外マトリックス成分の分解に関与するマトリックスメタロプロテイナーゼ(MMP) が高発現していることを報告してきた.現在,筋ジストロフィーの筋壊死・再生におけるMMPの役割を明らかにするために,国立精神・神経センター神経研究所遺伝子疾患治療研究部と共同で,実験的筋壊死・再生モデルおよびMMPノックアウトマウスのサンプルについて,マイクロアレイ,FACS,共焦点顕微鏡microdissectionなどの最新設備を利用して研究を進めている.

ラミニンとMMP2に対する抗体を用いたノックアウトマウスの筋肉の免疫染色
ラミニンとMMP2に対する抗体を用いたノックアウトマウスの筋肉の免疫染色

関連した主な業績・発表

  • Nakamura A, Yoshida K, et al: Up-regulation of mitogen activated protein kinases in mdx skeletal muscle following chronic treadmill exercise.Biochim Biophys Acta 1740: 326-31, 2005.
  • Okano T, Yoshida K, et al: Chronic exercise accelerates the degeneration-regeneration cycle and downregulates insulin-like growth factor-1 in muscle of mdx mice. Muscle Nerve 32: 191-9, 2005.
  • Nakamura A, Yoshida K, et al: Late-onset autosomal recessive limb-girdle muscular dystrophy with rimmed vacuoles. Clin Neurol Neurosurg 106:122-8, 2004.
  • Nakamura A, Yoshida K, Progression of dystrophic features and activation of mitogen-activated protein kinases and calcineurin by physical exercise, in hearts of mdx mice. FEBS Lett 520: 18-24, 2002.
  • Yazaki M, Yoshida K, et al: Clinical characteristics of aged Becker muscular dystrophy patients with onset after 30 years. Eur Neurol 42:145-9, 1999.
  • Yoshida K, Nakamura A, Yazaki M, Ikeda S, Takeda S. Insertional mutationby transposable element, L1, in the DMD gene results in X-linked dilatedcardiomyopathy.Hum Mol Genet 7: 1129-32, 1998.