膠原病、免疫・炎症性疾患

テーマ4:膠原病における新規治療戦略の開発を目指した難治性病態の解明研究

難治性膠原病および類縁疾患に対する治療戦略の確立を目指して、以下の研究テーマを中心に取り組んでいます。

  • 炎症性筋炎および全身性血管炎における免疫担当細胞の動態およびシグナル伝達の研究。
  • 炎症性筋炎および全身性血管炎の免疫学的病態機序と臨床背景の相関研究。
  • 難治性膠原病における制御性T細胞制御システムの回復・再生を目指した研究。
  • 免疫介在性肥厚性硬膜炎の病態解明と早期診断・治療戦略確立に関する研究。

研究対象疾患の誘因となる自然免疫および獲得免疫応答の異常を解析して病態解明の研究を行っています。また障害された制御性T細胞の制御機能回復を目指した研究も行っています。

代表的な業績

  1. Ueno KI, Shimojima Y, Kishida D, Sekijima Y, Ikeda SI. Advantage of administering tacrolimus for improving prognosis of patients with polymyositis and dermatomyositis. Int J Rheum Dis 2016;19:1322-1330
  2. Shimojima Y, Ishii W, Kishida D, Fukushima K, Ikeda S. Imbalanced expression of dysfunctional regulatory T cells and T-helper cells relates to immunopathogenesis in polyarteritis nodosa. Mod Rheumatol 2017;27:102-9
  3. Shimojima Y, Kishida D, Hineno A, Yazaki M, Sekijima Y, Ikeda S. Hypertrophic pachymeningitis is a characteristic manifestation of granulomatosis with polyangiitis: A retrospective study of anti-neutrophil cytoplasmic antibody-associated vasculitis. Int J Rheum Dis 2017;20:489-96
  4. Shimojima Y, Ishii W, Matsuda M, Kishida D, Ikeda S. Effective use of calcineurin inhibitor in combination therapy for interstitial lung disease complicated with dermatomyositis and polymyositis. J Clin Rheumatol 2017;23: 87-93
  5. Shimojima Y, Kishida D, Sekijima Y. Increased BAFF and APRIL levels in the cerebrospinal fluid of patients with anti-neutrophil cytoplasmic antibody-related hypertrophic pachymeningitis. Cytokine 2017;99:305-9
  6. Shimojima Y, Matsuda M, Ishii W, Kishida D, Sekijima Y. T-cell receptor-mediated characteristic signaling pathway of peripheral blood T cells in dermatomyositis and polymyositis. Autoimmunity 2017;50:481-90

テーマ5:本邦における家族性地中海熱の遺伝学的診断と病態解明

自己炎症疾患の概念が近年注目されており、自然免疫系の異常により炎症を主な病態とする疾患群を指します。家族性地中海熱(FMF)は最も代表的な自己炎症疾患で、典型的には3日前後で自然軽快する発熱発作を繰り返すことが特徴です。随伴症状として腹膜炎、胸膜炎、下肢の単関節炎、紅斑などがあり、長期に炎症を繰り返すとアミロイドーシスを合併することがあります。発作の予防にはコルヒチンが有効で、当科の集計ではFMFと診断された患者さんの約90%で有効性が認められました。

当科では原因遺伝子であるMEFV遺伝子検査を2003年より行っています。全国調査を含めたこれまでの研究、症例の蓄積により、遺伝子変異の種類や疾患の重症度が地中海地方とは異なること、変異のパターンと臨床像に相関があることなどを報告しています。また、他の多くの自己炎症疾患と異なり成人発症例が少なくなく、原因不明の繰り返す発熱として内科を受診することの多い疾患です(MEFV遺伝子検査のご相談はこちら)。

代表的な業績

  1. Kishida D, Yazaki M, Nakamura A, et al. One novel and two uncommon MEFV mutations in Japanese patients with familial Mediterranean fever: a clinicogenetic study. Rheumatol Int. 2018 Jan;38(1):105-110.
  2. Kishida D, Nakamura A, Yazaki M, et al. Genotype-phenotype correlation in Japanese patients with familial Mediterranean fever: differences in genotype and clinical features between Japanese and Mediterranean populations. Arthritis Research & Therapy 2014, 16:439
  3. Tsuchiya-Suzuki A, Yazaki M, Nakamura A, et al. Clinical and genetic features of familial Mediterranean fever in Japan. J Rheumatol. 2009 Aug;36(8):1671-6.
  4. Nakamura A, Matsuda M, Tazawa K, et al. Successful treatment with infliximab and low-dose methotrexate in a Japanese patient with familial Mediterranean fever. Intern Med. 2007;46(15):1247-9.
  5. Matsuda M, Nakamura A, Tsuchiya S, et al. Coexistence of familial Mediterranean fever and Behçet's disease in a Japanese patient. Intern Med. 2006;45(12):799-800.
  6. Nakamura A, Yazaki M, Tokuda T, et al. A Japanese patient with familial Mediterranean fever associated with compound heterozygosity for pyrin variant E148Q/M694I. Intern Med. 2005 Mar;44(3):261-5.