研究テーマ一覧>テーマ1 次へ

テーマ1:家族性アミロイドポリニューロパチー(FAP) などの代謝病に対する肝移植治療

肝移植治療説明図 APLOT & Domino Transplantation

家族性アミロイドポリニューロパチー(FAP)などの代謝病に対する脳死および生体部分肝移植(移植外科との連携により)を1993年から施行している。現在までに26名のFAP患者に生体部分肝移植、1名のFAP患者に脳死肝移植を行っている。またドミノ移植も7名に施行している(2006年7月現在)。

肝移植前後での神経障害の変化、アミロイド沈着の変化を経時的に検索し、FAPの肝移植の有効性および問題点について検討を行っている。

関連した主な業績・発表

  • Hattori T, Takei Y, Koyama J, Nakazato M, Ikeda S. Clinical and pathological studies of cardiac amyloidosis in transthyretin type familial amyloid polyneuropathy. Amyloid. 2003 Dec;10(4):229-39.
  • Takei Y, Ikeda S, Ikegami T, Hashikura Y, Miyagawa S, Ando Y; Japanese Liver Transplantation Society. Ten years of experience with liver transplantation for familial amyloid polyneuropathy in Japan: outcomes of living donor liver transplantations. Intern Med. 2005 Nov;44(11):1151-6.
  • Oguchi K, Takei Y, Ikeda S. Value of renal biopsy in the prognosis of liver transplantation in familial amyloid polyneuropathy (ATTR Val30Met) patients. Amyloid (in press).