アミロイドーシス

テーマ1:アミロイドーシスの病態解明と新規治療法の確立

アミロドーシスは,線維状の不溶性のタンパク質が臓器に沈着することにより惹起される病気で,代表的な疾患にアルツハイマー病や遺伝性ATTRアミロイドーシス(家族性アミロイドポリニューロパチー,FAP)があります.私たちは特に,FAPの病態解明と治療法の開発に取り組んでおり,これまでにTTR遺伝子変異に起因するTTR四量体蛋白構造の不安定化がFAPの根本的な原因であること見いだし(Cell, 2005),TTR四量体を安定化する薬剤を用いた新規治療法を開発し(US patent No. 7,214,696; JAMA, 2013),実用化しました.また,siRNAを用いた遺伝子治療(N Engl J Med, 2018)など多くの国際治験にも携わっています.さらに私たちが開発した私たちが開発したTTR四量体安定化薬は,高齢者における心不全や手根管症候群の主要な原因となっている野生型ATTRアミロイドーシス(老人性全身性アミロイドーシス)に対しても有効であることが最近証明されました.また,アルツハイマー病の国際的な臨床研究であるDIAN研究にも参加し,common diseaseであるアミロイドーシスの病態解明と新規治療法に取り組んでいます.

代表的な業績

  1. Sekijima Y, Wiseman LR, Matteson J, Hammarström P, Miller SR, Sawkar AR, Balch WE, Kelly JW. The biological and chemical basis for tissue selective amyloid disease. Cell 121: 73-85, 2005
  2. Berk JL, Suhr OB, Obici L, Sekijima Y, Zeldenrust SR, Yamashita T, Heneghan MA, Gorevic PD, Litchy WJ, Wiesman JF, Nordh E, Corato M, Lozza A, Cortese A, Robinson-Papp J, Colton T, Rybin DV, Bisbee AB, Ando Y, Ikeda S, Seldin DC, Merlini G, Skinner M, Kelly JW, Dyck PJ; Diflunisal Trial Consortium. Repurposing diflunisal for familial amyloid polyneuropathy: a randomized clinical trial. JAMA 310: 2658-2667, 2013
  3. Sekijima Y. Transthyretin (ATTR) amyloidosis: clinical spectrum, molecular pathogenesis and disease-modifying treatments. J Neurol Neurosurg Psychiatry 86:1036-1043, 2015
  4. Nakagawa M, Sekijima Y, Yazaki M, Tojo K, Yoshinaga T, Doden T, Koyama J, Yanagisawa S, Ikeda SI. Carpal tunnel syndrome: a common initial symptom of systemic wild-type ATTR (ATTRwt) amyloidosis. Amyloid 23: 58-63, 2016
  5. Sekijima Y, Yazaki M, Ueda M, Koike H, Yamada M, Ando Y. First nationwide survey on systemic wild-type ATTR amyloidosis in Japan. Amyloid 25: 8-10, 2018
  6. Adams D, Gonzalez-Duarte A, O'Riordan WD, Yang CC, Ueda M, Kristen AV, Tournev I, Schmidt HH, Coelho T, Berk JL, Lin KP, Vita G, Attarian S, Planté-Bordeneuve V, Mezei MM, Campistol JM, Buades J, Brannagan TH 3rd, Kim BJ, Oh J, Parman Y, Sekijima Y, Hawkins PN, Solomon SD, Polydefkis M, Dyck PJ, Gandhi PJ, Goyal S, Chen J, Strahs AL, Nochur SV, Sweetser MT, Garg PP, Vaishnaw AK, Gollob JA, Suhr OB. Patisiran, an RNAi Therapeutic, for Hereditary Transthyretin Amyloidosis. N Engl J Med 379: 11-21, 2018
  7. Kelly JW, Sekijima Y. Compositions and methods for stabilizing transthyretin and inhibiting transthyretin misfolding. US patent No. 7,214,696

テーマ2:微量蛋白解析やアミロイドイメージングを用いたアミロイドーシスの新規診断法の開発

これまでアミロイド蛋白の精製・解析には多くの時間がかかり,また解析途中の蛋白のロスが多いため,小さな組織材料では解析が困難でした.私たちの研究グループでは,レーザーマイクロダイセクッション(LMD)とタンデム質量分析(LC/MS/MS)を用いた最新の解析技術で微量組織からのアミロイド解析を行っており,この方法を用いて世界初の野生型ACysアミロイドーシスや,日本初のAFibアミロイドーシス,AApoAIアミロイドーシスの診断に成功しました.また,LMD-LC/MS/MSをアミロイドーシスの病態解析にも応用しています.
さらに,非侵襲的なアミロイドーシスの診断方法として,アルツハイマー病研究に用いられているPiB-PETを様々な全身性アミロイドーシスに応用し,全身のアミロイド沈着を評価できることを明らかにしました.今後様々なアミロイドイメージングの実用化を目指していきます.

代表的な業績

  1. Sekijima Y, Yazaki M, Oguchi K, Ezawa N, Yoshinaga T, Yamada M, Yahikozawa H, Watanabe M, Kametani F, Ikeda SI. Cerebral amyloid angiopathy in post-transplant patients with hereditary ATTR amyloidosis. Neurology 87: 773-781, 2016
  2. Yoshinaga T, Yazaki M, Sekijima Y, Kametani F, Miyashita K, Hachiya N, Tanaka T, Kokudo N, HiguchiK, Ikeda SI. The pathological and biochemical identification of possibleseed-lesions of transmitted transthyretin amyloidosis after domino liver transplantation. J Path: Clin Res 2: 72-79, 2016
  3. Yoshinaga T, Yazaki M, Kametani F, Sekijima Y, Iesato Y, Miyahara T, Tsuchiya-Suzuki A, Sano K, Higuchi K, Ikeda SI. Marked biochemical difference in amyloid proportion between intra- and extraocular tissues in a liver-transplanted patient with hereditary ATTR amyloidosis. Amyloid 24: 17-23, 2017
  4. Ezawa N, Katoh N, Oguchi K, Yoshinaga T, Yazaki M, Sekijima Y. Visualisation of multiple organ amyloid involvement in systemic amyloidosis using 11C-PiB-PET imaging. Eur J Nucl Med Mol Imaging 45: 452-461, 2018
  5. Yazaki M, Yoshinaga T, Sekijima Y, Kametani F, Okumura F. Hereditary fibrinogen A-chain amyloidosis in Asia: Clinical and molecular characteristics. Int. J. Mol. Sci 19: pii: E320, 2018

テーマ3:全身性ALアミロイドーシスに対する低侵襲で効果的な新規治療法の確立

(1)新規治療薬を用いた治療

全身性ALアミロイドーシスは異常な免疫グロブリン軽鎖(M蛋白)由来のアミロイド蛋白が全身臓器に沈着して機能障害を引き起こす予後不良な疾患です。M蛋白の産生を行っている腫瘍化した形質細胞を標的として、多発性骨髄腫で用いるのと同様の化学療法薬を用いて治療を行います。我々の研究グループは欧米で開始された自己末梢血幹細胞移植併用大量メルファラン療法(HDM)を全国に先駆けて導入し、良好な治療成績を報告しました。近年、新しい作用機序を持つ新規治療薬が登場して本症の治療はさらに変化しつつあります。我々は本邦でいち早く新規治療薬(ボルテゾミブ)を用いた治療(VD療法)を導入し良好な成績を上げています(表)。VDはHDMの適応のない状態の悪い患者さんにも施行可能であり、かつHDMよりも安全で治療成績も優れた可能性があることを見出して報告しました。

(2)再発性/難治性患者さんに対する治療

HDMやVDなどで治療されたものの再発性、難治性である症例に対し、現在当科ではレナリドミドをベースとした治療(Rd療法)を行っています。表のように良好な成績を上げており、現在投稿準備中です。

(3)最新の治験への参加

現在当科は未治療の患者さんに対するボルテゾミブ、シクロフォスファミド、デキサメサゾンおよびダラツムマブを用いた治験に参加しています(2020年春頃までの見込み)。

(4)ALアミロイドーシスに関する相談受付

診断や治療に関する相談、当科での治療希望、治験参加希望など、ALアミロイドーシスに関する相談であれば何でも受け付けております。当科のアミロイドーシス診断支援サービスページよりお問い合わせ下さい。

代表的な業績

  1. Therapeutic impact of lenalidomide-dexamethasone for patients with relapsed or refractory systemic immunoglobulin light-chain (AL) amyloidosis (2018年国際アミロイドーシス学会で発表、現在投稿準備中)
  2. Katoh N, Ueno A, Yoshida T, et al. Bortezomib-dexamethasone versus high-dose melphalan for Japanese patients with systemic light-chain (AL) amyloidosis: a retrospective single-center study. Int J Hematol. 2017;105:341-348.
  3. Gono T, Matsuda M, Shimojima Y, et al. VAD with or without subsequent high-dose melphalan followed by autologous stem cell support in AL amyloidosis: Japanese experience and criteria for patient selection. Amyloid. 2004;11:245-56.