お問い合わせ 交通・キャンパス案内 信州大学HOME
信州大学工学部 電子情報システム工学科

情報システムプログラム

情報システムプログラム

ソフトウェア・ハードウェア両面におけるコンピュータの最新技術を通して、持続可能な社会の実現に貢献し、国内外で活躍できる人材を育成します。

  • 人工知能

  • ビッグデータ解析

  • ネットワーク

  • 組込システム

  • 数理科学

プログラムの概要

情報システムプログラムでは、コンピュータによる高速な計算処理能力を生かしたさまざまな技術を可能にするための仕組みや方法について学びます。人工知能を生み出すインテリジェントコンピューティング・データ解析技術や、ネットワークを活用するネットワークコンピューティングといった「コンピューティング技術」、それらの礎となる「組み込みシステム技術」や「数理科学」などが範囲です。
これらの知識と技術は、スマートデバイスや、情報を安全に伝達するための情報セキュリティ、ネットワークを通じてさまざまなサービスを大規模に提供するためのクラウドコンピューティングなどに応用することができます。

カリキュラム

※在学生は入学年度によってカリキュラムが異なります。お手元の手引き等をご確認ください。

情報システムプログラムでは、情報処理やコンピュータサイエンスに関する深い知識を獲得し、新しい時代を切り拓くための実践力を高めるためのカリキュラム体系をとっています。主に「経験を通した知識の獲得」に重きを置き、専門科目には演習や実験を組み合わせた3単位科目が多いことが特徴です。2年次ではコンピュータに関する基礎を学び、3年次・4年次では専門的な深い知識を学びます。これらは、大学院に進学して専門分野の先端で研究を行うための礎を築く役割も果たしています。

1年次

共通教育 基礎科目

前期

教養科目
外国語科目
電子情報システム工学ゼミナール
日本語・日本事情

後期

教養科目
外国語科目
健康科学・理論と実践
日本語・日本事情

必修

前期

微分積分学Ⅰ

後期

微分積分学Ⅱ
線形代数学Ⅰ
力学

選択

前期

一般化学Ⅰ

後期

一般化学Ⅱ
生物学A
生物学B
地学概論Ⅰ
地学概論Ⅱ

専門科目 必修

前期

基礎数学
電気物理

後期

基礎電気電子回路
プログラミング言語Ⅰ

2年次

共通教育 基礎科目

前期

外国語科目

後期

外国語科目

必修

前期

線形代数学Ⅱ

後期

選択

前期

波動と光

後期

専門科目 必修

前期

物質化学概論
水環境・土木工学概論
機械システム概論
建築・デザイン概論
基礎論理回路
電子情報基礎実験
電子情報基礎数学

後期

選択

前期

量子物理
地域環境演習Ⅰ
環境内部監査実務
生涯学習概論
博物館概論
博物館経営論
博物館資料論
博物館資料保存論
博物館展示論
博物館教育論
博物館情報・メディア論
博物館実習Ⅰ
博物館実習Ⅱ
博物館実習Ⅲ
解析力学
物理学実験
地学実験

後期

現代天文学
応用数学Ⅲ

前後期共通

地域環境演習Ⅱ
環境政策概論
ボランティア特別実習Ⅰ
ボランティア特別実習Ⅱ
学外特別講義Ⅰ
学外特別講義Ⅱ
学外特別実習Ⅰ
学外特別実習Ⅱ
生物学実験

プログラム別科目 必修

前期

プログラミング言語Ⅱ

後期

コンピュータアーキテクチャ
信号処理
アルゴリズムとデータ構造
論理回路設計

選択

前期

アルゴリズム基礎
インテリジェントシステム

後期

情報数学
形式的システムモデリング
オートマトンと言語理論

3年次

専門科目 選択

前期

経営工学
特許実務概論
環境マネジメントシステム
電子情報職業論

後期

現代技術論
電子情報システム専門英語

プログラム別科目 必修

前期

コンピュータネットワーク
オペレーティングシステム
組込システムⅠ
デザインプロジェクトⅠ

後期

デザインプロジェクトⅡ

選択

前期

数理論理
画像処理
プログラミング言語論
応用プログラミング言語
分散コンピューティング
コンピュータ・デバイス

後期

情報セキュリティ
ヒューマンコンピュータインタラクション
コンパイラ
ソフトウェア工学
データベース
メディアプログラミング
組込システムⅡ
情報センシング
コンピュータグラフィックス

4年次

専門科目 必修

前期

技術者倫理

後期

前後期共通

卒業研究

選択

前後期共通

先鋭研究特別講義

プログラム別科目 選択

前期

データマイニング

後期