お問い合わせ 交通・キャンパス案内 信州大学HOME
信州大学工学部 電子情報システム工学科

通信システムプログラム

通信システムプログラム

通信システムプログラムは、情報通信分野の基礎となる数理科学と自然科学をバランスよく有機的に学び、通信の信頼性や効率に寄与する最新技術を習得します。

  • ネットワーク技術

  • デジタル技術

  • 数理科学

  • 信号処理

  • 回路設計

プログラムの概要

多種多様な情報を効率良く確実に伝えるしくみについて学ぶのが通信システムプログラムです。そのために必要となるのが、『ネットワーク技術』『デジタル技術』『数理科学』に関する知識です。通信システムプログラムが対象とする情報とは、パソコンやスマホなどの情報機器から人間が発信する情報だけでなく、温度センサーや湿度センサーなどが発信する情報も含んでいます。電気・ガス・水道などの公共サービスをより効率的に提供するスマートインフラを実現するためにも、ネットワークを介してこれらの情報を効率良く確実に集約する技術が不可欠となります。

ポイント
  • いつでも、どこでも、何でも、誰でも、省電力で高速に情報を伝えるためのネットワーク技術
  • 情報をできるだけコンパクトにし、安全に、確実に伝えるためのデジタル技術
  • これらの技術を最適の状態に近づけ、妥当性を検証し、効率や正確さを解析するための数理科学

これらの技術や理論を実現するための『信号処理』(ソフトウェアの作成)や、実際に情報を送受信するための『回路設計』も教育・研究の対象となります。

カリキュラム

※在学生は入学年度によってカリキュラムが異なります。お手元の手引き等をご確認ください。

情報伝達の技術を詳しく見ると、情報を的確に捉え、符号化し、信号として送信し、雑音を取り除き、最適な方法で提示するという要素技術から構成されていることが分かります。これらの問題は物理現象と情報技術の間に横たわっていて、両者を深く融合しなければ解決することはできません。通信システムプログラムでは、このような問題に関する総合的な力をつけるため、電気電子プログラム・情報システムプログラムと基礎を共有しつつ、通信工学や情報理論などの独自の専門科目を充実させています。

1年次

共通教育 基礎科目

前期

教養科目
外国語科目
電子情報システム工学ゼミナール
日本語・日本事情

後期

教養科目
外国語科目
健康科学・理論と実践
日本語・日本事情

必修

前期

微分積分学Ⅰ

後期

微分積分学Ⅱ
線形代数学Ⅰ
力学

選択

前期

一般化学Ⅰ

後期

一般化学Ⅱ
生物学A
生物学B
地学概論Ⅰ
地学概論Ⅱ

専門科目 必修

前期

基礎数学
電気物理

後期

基礎電気電子回路
プログラミング言語Ⅰ

2年次

共通教育 基礎科目

前期

外国語科目

後期

外国語科目

必修

前期

線形代数学Ⅱ

後期

選択

前期

波動と光

後期

専門科目 必修

前期

物質化学概論
水環境・土木工学概論
機械システム概論
建築・デザイン概論
基礎論理回路
電子情報基礎実験
電子情報基礎数学

後期

選択

前期

量子物理
地域環境演習Ⅰ
環境内部監査実務
生涯学習概論
博物館概論
博物館経営論
博物館資料論
博物館資料保存論
博物館展示論
博物館教育論
博物館情報・メディア論
博物館実習Ⅰ
博物館実習Ⅱ
博物館実習Ⅲ
解析力学
物理学実験
地学実験

後期

現代天文学
応用数学Ⅲ

前後期共通

地域環境演習Ⅱ
環境政策概論
ボランティア特別実習Ⅰ
ボランティア特別実習Ⅱ
学外特別講義Ⅰ
学外特別講義Ⅱ
学外特別実習Ⅰ
学外特別実習Ⅱ
生物学実験

プログラム別科目 必修

前期

プログラミング言語Ⅱ
応用数学Ⅰ
応用数学Ⅱ

後期

確率・統計
信号処理
情報通信実験Ⅰ

選択

前期

アルゴリズム基礎
解析学

後期

情報数学

3年次

専門科目 選択

前期

経営工学
特許実務概論
環境マネジメントシステム
電子情報職業論

後期

現代技術論
電子情報システム専門英語

プログラム別科目 必修

前期

通信工学
情報理論
情報通信実験Ⅱ
数値計算

後期

ディジタル通信システム

選択

前期

数理論理
画像処理
電磁波工学

後期

情報セキュリティ
待ち行列理論
情報通信特別講義
符号理論
最適化

4年次

専門科目 必修

前期

技術者倫理

後期

前後期共通

卒業研究

選択

前後期共通

先鋭研究特別講義

プログラム別科目 選択

前期

電波法規
数理決定論
符号化技術概論

後期