教員紹介

おかもと たくや

岡本 卓也

社会心理学 准教授

教員 BLOG

一覧を見る
プロフィール

主要研究業績(2017.04.01更新)

受賞










2012年9月  日本行動計量学会 2012年度 肥田野直・水野欽司賞(奨励賞)
      「写真投影法による所属大学の社会的アイデンティティの測定」
2010年6月  日本コミュニティ心理学会 若手学会員研究・実践奨励賞
      「写真投影法による子どもの危険認知の把握」
2009年10月 日本グループ・ダイナミックス学会 優秀論文賞
      「共有集団イメージ法を用いた集団間関係の解析の試み」
2008年6月  日本グループ・ダイナミックス学会 2008年優秀学会発表賞
      「写真投影法による危険認知の把握」
2006年5月  日本グループ・ダイナミックス学会 2006年優秀学会発表賞
      「集団の共有イメージによる内集団・外集団の境界線の決定2」

著書

『自ら挑戦する社会心理学』(土肥伊都子編著:保育出版社,2014) 分担執筆
『コミュニティの社会心理学』 (ナカニシヤ出版,2013)共編著
『集団間関係の測定に関する社会心理学的研究』 (関西学院大学出版会,2010) 単著
『集団間関係の社会心理学―北米と欧州における理論の系譜と発展』 (晃洋書房,2009)翻訳
『社会心理学』(藤原武弘 編著:晃洋書房,2009)分担執筆
『人間関係のゲーミング・シミュレーション―共生への道を模索する―』
   (藤原武弘 編著:北大路書房,2007)分担執筆
『心理・福祉・看護のためのテキストマイニング入門』 (藤井美和 他編:中央法規出版,2005)分担執筆

主な論文

岡本卓也・藤原武弘 (2015). 登山行動に関する社会心理学的研究 : 登山動機の構造とその変遷
     関西学院大学社会学部紀要, 120, 167-180.
岡本卓也・林幸史・藤原武弘(2014). 写真投影法による子どもの危険認知の把握
     コミュニティ心理学研究 , 18(1),21-41.
岡本卓也・石盛真徳・加藤潤三(2010). 面接調査法としての写真投影法
       先端社会研究所紀要, 2, 59-69.
岡本卓也・林幸史・藤原武弘(2009). 写真投影法による所属大学の社会的アイデンティティの測定
       行動計量学, 36(1) , 1-14.
岡本卓也・藤原武弘・他 (2008). 共有集団イメージ法を用いた集団間関係の解析の試み
       実験社会心理学研究, 48(1) , 1-16.

競争的外部資金の獲得

【科学研究費補助金】
・旅行キャリア発達のための熟達化過程の解明とキャリア対応型観光支援システムの開発
  (科学研究費補助金(基盤研究(B))H.29-H32年度 分担研究者、研究課題番号26380841)
・「場所」の魅力の解明-場所経験が人生移行に与える影響
  (科学研究費補助金(基盤研究(C))H.26-H29年度 研究代表者、研究課題番号26380841)
・WEBデータベースによる子ども虐待研修の共有システムの構築 
  (科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)H.23-27年度 研究分担者、研究課題番号23653162)
・近隣生活圏におけるコミュニティ意識の研究
  (科学研究費補助金(若手研究(B))H.23-H24年度 研究分担者、研究課題番号22730491)
・住民参加型「WEB-GIS地域安全マップ」の作成-写真投影法による危険認知の解明
     (科学研究費補助金(若手研究(B))H.21-23年度 研究代表者、研究課題番号21730504)

【JST RISTEX】
・公共財としての水資源保全とエネルギー利用政策の研究
  (独立行政法人科学技術振興機構RISTEX平成24 年度戦略的創造研究推進事業,
   H.24-H.28年度 社会科学グループリーダー)

【その他の競争的資金】
・オンラインコミュニティにおけるSNSストレスの低減と主観的幸福感の向上
   (平成25年度 電気通信普及財団研究助成,研究代表)
・所属地域の移動に伴う心理的葛藤―仮想世界ゲームによる適応、排斥、受容の心理過程の分析―
   (科学技術融合振興財団 平成24年度研究助成,研究代表)
・観光都市における「場所」のアフォーダンスと定住・訪問動機
   (信州大学平成24年度若手研究者萌芽研究支援事業,研究代表)
・観光都市地域住民のまちづくり活動の実態とその意識の解明
   (2009年度先端社会研究所「他者問題に関する萌芽的研究プロジェクト」,研究代表)

【その他の共同研究】
・コミュニティ健康文化研究プロジェクト
   (平成28年度-平成30年度 Team Gukuru)
・観光者属性の違いによる安曇野観光の調査
   (平成27-28年度 安曇野市受託研究)
・行政と住民の協働を進めるための要因に関する研究
   (平成26-27年度 安曇野市受託研究)
・安曇野観光における情報資源に関する実態調査
   (平成25-26年度 安曇野市受託研究)
・行政と住民の協働を進めるための社会的資源に関する研究
   (平成25年度 安曇野市受託研究)

トップページ 教員紹介 岡本 卓也 ブログ 主要研究業績(2017.04.01更新)

ページの先頭へもどる