人文学部からのお知らせ

イベント

多文化交流サロン特別学術講演会

 信州大学人文学部では,11月24日(金)18:00から「多文化交流サロン特別学術講演会」を次のように開催いたします。奮ってご参会くださいますよう,ご案内申し上げます。

講師:Yves Rossetti教授,リヨン神経科学研究センター(Centre de Recherche en Neuroscience de Lyon; CRNL),リヨンクロードベルナール大学(Université Claude Bernard),リヨン大学附属病院(Hospices Civils de Lyon)

タイトル:“思いやり”とは何か? ~視点取得についての認知神経科学的検討~(What is Omoiyari? Cognitive neuroscience investigations of perspective taking )

講演概要:

 人間の知覚は,真の現実(true reality)にアクセスすることができない。幾つかの錯視は,多くの個人の知覚へ同じように影響を及ぼすが,同じようには影響しない他の錯視もあり,それゆえ経験に応じて顕著に変動する可能性がある。このことは,私たちが現実世界について独自の理解をしていることを意味する。もし私たちが,自分の知覚が正しいと信じるならば,他の人の知覚が間違っていることになり,その結果,無理解や暴力など多くの問題が起こることになろう。これらの問題を避けるための最初の一歩は,現実と,現実に対する私たちの解釈,とを区別することである。

 視点取得(perspective taking)という観点から考えると,この問題には物理的,感情的および認知的という3つの領域から克服すべき問題が生ずるだろう。視点取得の調整機能を検討するにあたり,他者の視点を取得する人の能力はシンプルな実験で探ることができる。このことは,共感性と“思いやり”という概念の比較に関する議論を喚起するだろう。

※視点取得perspective taking…他者の認知や感情の内容を理解すること

日時と場所:11月24日(金) 18:00~19:00 人文学部第4講義室

主催:信州大学人文学部国際交流委員会

共催:信州大学人文学部心理学研究室

問合せ先:今井章研究室 内線3128, email: imaiakr@shinshu-u.ac.jp

トップページ お知らせ 多文化交流サロン特別学術講演会

ページの先頭へもどる