食品微生物工学研究室
竹野誠記

ゲノム科学を応用した発酵生理学と微生物工学

アミノ酸や核酸系調味料の発酵生産法は世界に先駆けて我が国で発明された日本発の技術です。その技術で主役を演じているのが微生物です。私たちの研究室では、より高性能な発酵微生物の創製を目指し、最新のゲノム科学を取り入れて微生物生理の解明と育種技術の開発に取り組んでいます。また、細菌による脂質発酵の検討も進めています。非水溶性物質の発酵生産技術はカビや藻類が主体で、アミノ酸や核酸等、水溶性物質生産の主役である細菌はなぜかマイナーです。細菌による脂質発酵の課題を明らかにして、基盤となる技術を構築していきます。

研究紹介(デジタルパンフ)