森林・環境共生学コース

緑と環境の保全や創造を科学する

森林・環境共生学コースでは、信州の豊かな自然環境に恵まれた特色を生かし、山岳・森林域から農山村・居住域に至る自然環境と人との共生関係を科学的に俯瞰し、総合的な教育・研究を行っています。これは森林環境の保全と修復、山地防災と流域管理、森林資源の持続的生産と有効利用・計画、農村生産環境の改善と整備、緑地環境の保全・創造と持続的利用の管理計画といった幅広い内容を含むものです。また、キャンパス内及び近接の演習林などを最大限に利用した「現場主義」教育も特徴の一つとなっています。 私たちは人と自然が持続的に共生できる豊かな環境の創出に貢献できる、21世紀の人材の育成を目指しています。

教育研究の様子

  • 教育研究の様子
    演習林で間伐の実習。倒す方向をよく考えて伐採する(森林生産実践実習)
  • 教育研究の様子
    樹種の違いを考慮して木材の加工をする(木材工学演習)
  • 教育研究の様子
    環境と調和した快適な公園を設計する(造園設計製図)

履修チャート

履修チャート

授業を担当する教員一覧