信州大学

文字サイズ

  • 研究部門
  • ファッション・スマートテキスタイル研究部門

Profile of Divisions研究部門

ファッション・スマートテキスタイル研究部門

繊維複合材料、センサー・アクチュエーター機能繊維、光ファイバーなどのファイバー工学・技術を基盤とし、新規軽量材料、衣料型ウェアラブル端末など新しい機能を有するスマートテキスタイルを創出し、豊かな社会に貢献する。また、ファッションアパレルの本質を探究し、世界市場を対象としたファッションの創造を実現するため、ファッションテキスタイル・アパレル設計、ファッション情報工学、感性評価、ファッションビジネスの4つの観点からアパレル技術の革新に対応する研究を推進する。

研究者紹介

ファッション・スマートテキスタイル研究部門長
学術研究院 教授(繊維学系)/博士(工学)
乾 滋
Shigeru Inui
経歴
1983年 東京工業大学総合理工学研究科システム科学専攻修了
1984年 通商産業省工業技術院繊維高分子材料研究所入所
2002年 信州大学繊維学部助教授
2013年 同教授
研究分野
情報技術のテキスタイル・アパレル分野への応用
研究テーマ
ひとりひとりに合った、使いやすく、心地よい、ものづくりのために情報技術を用いた新たな設計のための手法を研究
メッセージ
部門の個々の構成員の専門性を活かしてできるだけ内包するような研究テーマを設定し、競争的資金を獲得しつつ研究を推進したいと考えています。また、同時に海外の研究者との交流に努め国際的な共同研究を実施していくことのできる環境を整備したいと考えています。
学術研究院 教授(繊維学系)
博士(工学)
高寺 政行
Masayuki Takatera
経歴
1981年 信州大学繊維学部卒業
1982年 信州大学文部技官
1988年 同助手
1997年 同助教授
2006年 同教授
2014年 信州大学先鋭領域融合研究群国際ファイバー工学研究所長
2019年 信州大学先鋭領域融合研究群国際ファイバー工学研究副拠点長
研究分野
感性工学、繊維工学、衣服工学
研究テーマ
繊維および繊維集合体の力学、テキスタイルおよびアパレル製品設計・評価
学術研究院 教授(繊維学系)
博士(工学)
倪 慶清
QingQing Ni
研究分野
複合材料工学
スマート材料
材料,構造物のヘルスモニタリング
ナノコンポジット
防音,振動減衰材料
研究テーマ
スマート材料,多機能複合材料,ナノ材料複合技術,材料・構造の開発と評価,ヘルスモニタリング評価技術
学術雑誌論文200編余り,著書・特許多数,学会活動にも積極的に参加.
学術研究院 教授(繊維学系)
博士(工学)
上條 正義(併任)
Masayoshi Kamijo
研究分野
感性工学
感性計測
研究テーマ
着心地(触り心地、圧迫感、温熱快適感)、視認性、自動車の操縦快適感の計測評価に関する研究を行っている。
学術研究院 准教授(繊維学系)
博士(工学)
金井 博幸(併任)
Hiroyuki Kanai
研究分野
感性情報学
ソフトコンピューティング
学術研究院 准教授(繊維学系)
PhD
若月 薫(併任)
Kaoru Wakatsuki
研究分野
熱工学、火災工学、実験工学、赤外線分光、安全衛生
研究テーマ
(1) 火災という極限熱環境の現象・原理の理解
(2) 耐熱服・消防服の内部で生じている熱伝導プロセスの解明・熱傷防止のための衣服構造の開発
(3) 火災に耐える、防ぐ、燃えにくくする素材・複合材料の物性・評価法・設計手法の開発
(4) 消防士が使用する高度な熱防護機能を有する個人保護具の設計・試作・実証(技術要素の提案)
学術研究院 准教授(繊維学系)
博士(工学)
金 炅屋(併任)
Kim Kyoungok
研究分野
繊維工学、衣服学、感性工学
研究テーマ
美しくて快適な衣服のための衣服材料とは何か、またそのような衣服を設計するための方法とは何かを繊維工学、衣服学、感性工学的観点から明らかにするのを目標として、テキスタイルと衣服造形に関する研究と着心地とシルエットを考慮したパターン設計に関する研究を行う。
学術研究院 助教(繊維学系)
博士(工学)
児山 祥平(併任)
Shohei Koyama
研究分野
計測工学、繊維工学
研究テーマ
FBGセンサによるバイタルサイン測定システムの開発、FBGセンサのスマートテキスタイルへの応用、繊維製品のTHz分光信号の測定