心臓血管外科学

概要

心血管関連疾患における臨床研究をはじめ、病態解明、新規治療法の開発など、特色ある研究を幅広く行っています。

 

研究テーマ

cs_01.png
図1
cs_02.jpg
図2

臨床研究
・大動脈手術における術前リハビリテーションの有用性の検討

基礎研究
・マウス異所性心移植モデルを用いた拒絶反応に関する因子の検討
・嫌気性菌ベクターを用いた血管再生療法の開発
・大動物モデルによる胸腹部大動脈瘤手術における臓器至適灌流量の検討
・EVAR後瘤径拡大におけるStentgraft-induced Aortopathyの原因解明
・iBTA技術を用いた完全自己組織による人工血管および心筋再生療法の開発
・iPS細胞由来心筋細胞を用いた心筋再生療法の開発

 

図1:iPS細胞を用いた心筋再生 Shiba, et al. Nature 2016; 538: 388-391.より引用改変
図2:血管新生因子を発現・分泌する組換えビフィズス菌製剤を用いた新薬を創出・開発している

 

 

スタッフ

教授

瀬戸達一郎

講師

和田有子

助教

市村 創、福家 愛、中原 孝、山本高照、田中晴城

研究室の所在及び連絡先

〒390-8621 長野県松本市旭3-1-1
信州大学医学部 臨床研究棟7階
TEL:0263-37-3577
E‐mail:shinshu-cvs@shinshu-u.ac.jp(@を半角に直してお送りください)

 

主要な成果/Major Publications

  1. Impact of Frailty on Outcomes in Acute Type A Aortic Dissection.
    Gomibuchi T, Seto T, Komatsu M, Tanaka H, Ichimura H, Yamamoto T, Ohashi N, Wada Y, Okada K.
    Ann Thorac Surg. 2018 Nov;106(5):1349-1355.
  2. Increased Expression of Y-Box-Binding Protein-1 in Hind-Limb Muscles During Regeneration from Ischemic Injury in Mice.
    Fuke M, Narita M, Wada Y, Seto T, Okada K, Nakayama J, Izumi H, Ito KI.
    Tohoku J Exp Med. 2018 Jan;244(1):53-62.
  3. Allogeneic transplantation of iPS cell-derived cardiomyocytes regenerates primate hearts.
    Shiba Y, Gomibuchi T, Seto T, Wada Y, Ichimura H, Tanaka Y, Ogasawara T, Okada K, Shiba N, Sakamoto K, Ido D, Shiina T, Ohkura M, Nakai J, Uno N, Kazuki Y, Oshimura M, Minami I, Ikeda U.
    Nature. 2016 Oct 20;538(7625):388-391.

一覧へ戻る