ご寄附のお願い

大学の使命を果たすために

信州大学 学長 濱田 州博

大学の使命は、教育及び研究であり、それらを通して社会に貢献していくことです。信州大学では、特色ある教育・研究、次代を担う創造性豊かな人材の育成、地域・社会への寄与を持続的・戦略的に進めており、これらの活動を活発に実施するためには、信州大学独自のビジョンと財務的な裏付けが必要です(ビジョンについては信州大学ビジョンVISION2030を、財務内容については統合報告書2020を信州大学Webページでご覧下さい)。国立大学法人の経営は、政府からの運営費交付金やプロジェクト経費、学生からの入学金や授業料、企業・自治体等からの共同研究費や委託事業費、附属病院を受診される方からの診療報酬、様々な団体や個人からの寄附金など、様々な収入により支えられています。多様なステークホルダーから得られた収入があってはじめて経営が成り立っており、まずはステークホルダーの皆様に心より厚く御礼を申し上げます。

そのような収入の中でも、寄附金は、寄附される方の深い思いがこもったものだと感じています。例えば、研究の進展を期待してその研究を遂行している教員へのご寄附、教育プログラムに共鳴してそのプログラムを行っている大学組織へのご寄附、学部の発展を願った卒業生からのご寄附、附属学校園における有為な人材育成を願ったご寄附、附属病院で先進医療や地域医療の進展を期待するご寄附など、それぞれの団体や個人の思いのこもったご寄附をいただいております。
また、学生の経済支援や海外活動支援など、学生に対するご支援に関しては、「知の森基金」を設立し、広く団体や個人からご寄附をいただいております。特に、2020年5月に開始した知の森基金「新型コロナウイルス緊急学生経済支援」には多くの皆様にご賛同いただき、心温まるメッセージと共に多額のご寄附をいただいております。さらに、インターネット等を通して教育・研究活動の内容や夢のある取組を発信することで、それに共感した人や応援したい人から資金を募るクラウドファンディングの活用も始めており、こちらに関しても多くの方からご賛同いただいております。様々な方法でご支援いただき、感謝の念に堪えません。

この度の寄附金に関するWebページの更新に当たっては、様々な寄附金を一括して見ることができるようにしました。ただ、様々な寄附金があるが故に分かりにくい点もあるかもしれません。ご不明な点がありましたら遠慮なくご連絡ください。

大学の使命を果たすために重要なご寄附ですので、それぞれの寄附金の趣旨にご賛同いただき、様々なステークホルダーの皆様に格別のご支援・ご協力を賜りますよう心よりお願い申し上げます。

信州大学 学長 濱田 州博

寄附事業一覧