信州大学

文字サイズ

Profile of Divisions研究部門

陸上生態系研究部門

生息環境が厳しい寒冷・高山環境に生息する野生生物の長期にわたる生態研究と、グローバルな気候変動や自然環境の変化による、陸上の野生生物の個体群動態の把握と将来の予測を行い発信します。

  • 1. 絶滅危惧種のユキヒョウ
  • 2. 高山でよく見られるマメ科植物(イワオウギ)
  • 3. アルガリの群れ
  • 4. クマ捕獲作業
  • 5. GPS首輪
陸上生態系研究部門

研究者紹介

陸上生態系研究部門長
学術研究院 教授(農学系)/博士(農学)
泉山 茂之
Shigeyuki Izumiyama
経歴
1981年 麻布獣医科大学卒業
    京都大学霊長類研究所研究員
1988年 株式会社野生動物保護管理事務所
2004年 岐阜大学大学院連合農学研究科修了
2006年 信州大学農学部附属アルプス圏フィールド科学教育研究センター技術交流・普及部准教授
2010年 同教授
研究分野
動物生態学、野生動物管理学
研究テーマ
中部山岳地域に生息する野生動物の生態学的研究と保護管理の実践
キルギス共和国に生息する野生動物の生態研究と保護管理システムの構築
メッセージ
生息環境が厳しい寒冷環境や山岳環境に生息する野生生物の長期にわたる生態研究を継続し、グローバルな気候変動や自然環境の変化による、陸上の野生生物の個体群動態の把握と将来の予測を継続して実施し、国内外に向けさまざまな情報を発信します。
学術研究院 助教(理学系)
博士(農学)
高梨 功次郎
Kojiro Takanashi
研究分野
植物分子生物学、植物生化学、ゲノム進化学
研究テーマ
日本の高山におけるマメ科植物と根粒菌の共生関係
マメ科植物の根粒における代謝産物の動態
薬用植物が生産する二次代謝産物の動態