信州大学

文字サイズ

Profile of Divisions研究部門

国際山岳連携研究室

中部山岳における観測と研究を核としつつ、アジアや地球規模での山岳における観測との比較や共同研究を進める事で、国際的山岳研究拠点の役割を果たすとともに国際的研究ネットワークの構築を図ります。

  • 1. 教養ゼミにおけるマレーシア、サラワク州における参加型農山村調査実習
  • 2. テンシャン山脈の景観
  • 3. ネパール国トリプバン大学とのヒマラヤでの共同研究
  • 4. テンシャン山脈、ナリン川の景観
国際産学連携研究室

研究者紹介

山岳科学研究所 所長
国際山岳連携研究室 室長
学術研究院 教授(農学系)
博士(農学)
泉山 茂之
Shigeyuki Izumiyama
研究分野
動物生態学、野生動物管理学
研究テーマ
中部山岳地域に生息する野生動物の生態学的研究と保護管理の実践
キルギス共和国に生息する野生動物の生態研究と保護管理システムの構築
学術研究院 教授(農学系)/博士(農学)
加藤 正人
Masato Katoh
経歴
1983年 宇都宮大学農学研究科林学専攻修了
    北海道立林業試験場研究職員
1995年 同資源解析科長
1996年 北海道大学農学研究科農学博士
2002年 信州大学農学部助教授
2005年 同教授
2009年 同附属アルプス圏フィールド科学教育研究センター長
2014年 信州大学先鋭領域融合研究群山岳科学研究所長
研究分野
森林計測、森林計画、森林情報、リモートセンシング、GIS
研究テーマ
森林計測、森林計画、森林情報に関する
(1) 森の見方と測り方、森林構造の解析
(2) リモ-トセンシングとGISによる森林資源管理
(3) 森林情報と学際的共同研究
ホームページ
http://karamatsu.shinshu-u.ac.jp/lab/finfo/
メッセージ
山岳科学に関する国内外の大学・研究機関等の研究者と連携し、共同研究を行い、国際ネットワークを構築します。海外の大学や研究機関と学術交流協定を締結し、ポストドク、大学院生を国際共同研究に参画させ、グローバルに活躍できる若手研究者を育成します。
学術研究院 准教授(理学系)
博士(薬学)
宮原 裕一
Yuichi Miyabara
研究分野
環境化学
研究テーマ
諏訪湖や千曲川などにおける物質循環に基づく陸水環境に及ぼすグローバルな環境変動の影響解析、長距離輸送される大気浮遊粉塵の健康影響評価のための化学成分分析
学術研究院 准教授(農学系)
博士(農学)
安江 恒
Koh Yasue
研究分野
樹木年輪学、木材組織学
研究テーマ
主に樹木年輪情報を用いて、樹木成長への気候変化の影響評価と過去から現在に至る環境変動の解明に取り組んでいます。
1)樹木の肥大成長に影響を及ぼす要因の解明
2)気候変動に伴う樹木成長・材質の変動予測
3)樹木年輪情報を用いた過去の環境変動の復元