総務課人事係フリーダイヤル
0120-174834

看護部ブログ

多職種カンファレンス Part.2

 当院の移植外科における肝移植は1990年の本邦3例目の生体肝移植から始まり、1993年には世界初の成人生体肝移植を、1999年には本邦初の脳死肝移植を成功させています。

 移植外科の多職種カンファレンスの様子です。
医師、病棟看護師、リハビリ療法士(PT・OT)、薬剤師、管理栄養士、移植コーディネーターが参加しカンファレンスを実施しています。

専門職の立場で患者の状態をアセスメントし、専門職としての関わりや、気になることを提起しながらディスカッションしていました。

それぞれの専門職が、患者さんが良い状態で治療ができるように配慮していることが感じられるカンファレンスでした。

20200512-2a.jpg20200512-1a.jpg

 当院は全国で25施設しかない脳死肝移植認定施設です。そのため長野県のみならず近隣の県からも広く患者さんを受け入れています。地元の医療機関と連携し、遠方の患者さんでも安心できる医療体制を整えています。

高度急性期病院
看護の学び
看護提供体制
拠点病院