運動機能学

概要

当科は、上肢、下肢、脊椎、腫瘍の臨床グループに分かれて診療をしています。一般病院では治療が困難な外傷や疾病の治療を行っています。このような臨床実績から、臨床的な問題を基礎研究テーマとしており、基礎研究は各臨床班の中で行われています。超高齢化社会の日本の中でも平均寿命日本一の信州の特色を生かして、加齢によって生じる筋、神経、骨、関節などの運動器障害の克服を研究テーマの共通の柱にしています。

 

研究テーマ

上肢グループ (加藤教授、林医学部内講師)
・腱・手指関節のバイオメカニクス
・手根管・肘部管症候群の疫学、病態、治療法、予後に関する臨床研究
・腱細胞のバイオロジー
・筋の加齢(サルコペニア)に関する基礎的研究
・腱損傷の治療に関する臨床研究

下肢グループ(斉藤直人保健学科教授、天正講師)
・カーボンナノチューブを用いた生体材料開発
・低侵襲人工関節手術
・チャンレー人工股関節の長期成績
・下肢関節軟骨再生医療に関する臨床研究
・前十字靭帯再建の術後早期復帰を目指した新術式の開発

脊椎グループ(高橋准教授、倉石助教、池上助教、二木診療助教)
・ナビゲーションを用いた脊椎手術
・脊柱側弯症に対する臨床研究
・脊柱側弯症の矯正手術の有限要素法による応力解析
・早期発症側弯症に対する新しい手術法の開発
・脊椎低侵襲手術
・脊柱矢状面アライメントと運動機能・認知機能

腫瘍グループ(鬼頭診療助教、青木助教、岡本診療助教)
・悪性骨腫瘍に対する新規薬剤の開発
・悪性軟部腫瘍患者の下肢能力と術後機能予測
・悪性軟部腫瘍における糖鎖遺伝子発現解析
・悪性軟部腫瘍切除に関する臨床研究

骨粗鬆症グループ(中村幸男講師、池上助教、上村幹男 かみむらクリニック)
・骨密度調査、骨形態観測
・骨代謝マーカー、各種ホルモンやビタミン
・骨粗鬆症治療薬が骨折の治癒に与える影響

腱再生グループ(林医学部内講師、加藤准教授、大学院生)
・腱細胞の分化メカニズムの解明
・腱の再生、修復、変性
・ばね指、手根管症候群の病態解析

骨格筋加齢研究グループ(加藤教授、山田充彦 分子薬理学教授、大学院生)
・加齢による骨格筋の変性
・加齢による骨格筋の遺伝子、タンパク、筋力の変化

スタッフ

教授

加藤博之

准教授

高橋 淳、羽二生久夫(兼務)

講師

天正恵治、中村幸男、林 正徳(医学部内講師)

助教

倉石修吾、池上章太(附属病院リハビリテーション部)

その他

8名

学生数

博士課程学生数

9名

主要な成果/Major Publications

  1. Nakamura Y, Suzuki T, Kamimura M, Murakami K, Ikegami S, Uchiyama S, Kato H. Vitamin D and calcium are required at the time of denosumab administration during osteoporosis treatment. Bone Res. 2017; 5: 17021.
  2. Kamimura M, Nakamura Y, Ikegami S, Uchiyama S, Kato H, Taguchi A. Significant improvement of bone mineral density and bone turnover markers by denosumab therapy in bisphosphonate-unresponsive patients. Osteoporos Int. 2017; 28(2): 559-566.
  3. Tanaka M, Sato Y, Zhang M, Haniu H, Okamoto M, Aoki K, Takizawa T, Yoshida K, Sobajima A, Kamanaka T, Kato H, Saito N. In vitro and In vivo evaluation of a three-dimensional porous multi-walled carbon nanotube scaffold for bone regeneration. Nanomaterials (Basel). 2017; 7(2). pii: E46.
  4. Tanaka M, Sato Y, Haniu H, Nomura H, Kobayashi S, Takanashi S, Okamoto M, Takizawa T, Aoki K, Usui Y, Oishi A, Kato H, Saito N. A three-dimensional block structure consisting exclusively of carbon nanotubes serving as bone regeneration scaffold and as bone defect filler. PLoS One. 2017; 12(2): e0172601.
  5. Murakami K, Kobayashi Y, Uehara S, Suzuki T, Koide M, Yamashita T, Nakamura M, Takahashi N, Kato H, Udagawa N, Nakamura Y. A Jak1/2 inhibitor, baricitinib, inhibits osteoclastogenesis by suppressing RANKL expression in osteoblasts in vitro. PLoS One. 2017;12:e0181126.
  6. Uehara M, Takahashi J, Ikegami S, Kuraishi S, Shimizu M, Futatsugi T, Oba H, Koseki M, Kato H. Pedicle Screw Loosening after Posterior Spinal Fusion for Adolescent Idiopathic Scoliosis in Upper and Lower Instrumented Vertebrae Having Major Perforation. Spine (Phila Pa 1976). 2017 Dec 15;42(24):1895-1900.
  7. Oba H, Takahashi J, Takano K, Inaba Y, Motobayashi M, Nishimura G, Kuraishi S, Shimizu M, Ikegami S, Futatsugi T, Uehara M, Kosho T, Kato H, Uno K. Rigid Occipitocervical Instrumented Fusion for Atlantoaxial Instability in an 18-month-old Toddler with Brachytelephalangic Chondrodysplasia Punctata: A Case Report. Spine (Phila Pa 1976). 2017 Mar 23. 2017 Feb;17(2):190-195.
  8. Uemura K, Hayashi M, Itsubo T, Oishi A, Iwakawa H, Komatsu M, Uchiyama S, Kato H. Myostatin promotes tenogenic differentiation of C2C12 myoblast cells through Smad3. FEBS Open Bio. 2017 Feb 20;7(4):522-532.
  9. Okamoto M, Yamazaki H, Yoshimura Y, Aoki K, Tanaka A, Kato H. Massive trapezial metastasis from gastric adenocarcinoma resected and reconstructed with a vascularized scapular bone graft: A case report. Medicine (Baltimore). 2017; 96: e9294.
  10. Ohi H, Uchiyama S, Kanda T, Mukoda M, Hayashi M, Kato H. Outcomes of grafting intrasynovial tendons of the toes to the hands in 10 patients: a preliminary report. J Hand Surg Eur. 2017: 42: 469-472.
  11. Shimodaira H, Tensho K, Akaoka Y, Takanashi S, Kato H, Saito N. Tibial Tunnel Positioning Technique Using Bony/Anatomical Landmarks in Anatomical Anterior Cruciate Ligament Reconstruction. Arthrosc Tech. 2017 Jan 9;6(1):e49-e55.

一覧へ戻る