• 受験生の方へ
  • 医師の方へ
  • 企業団体の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 地域の方へ
  • 在学生の方へ

博士課程 医学系専攻

組織発生学

概要

レオナルド・ダ・ヴィンチが詳細な解剖図を描きながら人体の働きに似た機械を作ろうとしたように、本講座では人体の構造を肉眼から細胞生物学的分野まで広範囲に分析しながら、それらをよりどころにし、ES細胞(胚性幹細胞)より人体のパーツを創生することを目指す。

研究テーマ

マウス、サルES細胞に関する研究
ES細胞の基本的な性質の解明、凍結技法の開発、培地開発、培養法の開発、誘導法の開発 (growth factor, co-culture, scaffold)、細胞生物学的解析(RT-PCR, in situ hybridization, immunohistochemistry, physiological anaslysis, ultrastructural analysis)、分化細胞の移植法の開発
これまで教室で分化誘導に成功した細胞 心筋細胞、肝臓細胞、インシュリン産生細胞、ドパーミン産生細胞、 視細胞、下垂体細胞、腎臓(尿管由来)細胞、膵臓外分泌細胞
現在、産学連携を基盤にしたProteus Projectを組み、統合的な研究を進めている。

ヒトES細胞に関する研究
維持培養法の確立、凍結技法の開発、分化誘導法の開発
我 々はヒトES細胞を用いた新しい治療法の開発に関する研究が国家より許可されており、その主な対象は、 心筋細胞、肝臓細胞、膵臓細胞である。心筋細胞、肝臓細胞についてはすでに分化誘導に成功しており、 現在細胞生物学的解析及び組織工学的研究を進めている。膵臓細胞について分化誘導研究を開始した。

細胞組織分化に関する細胞生物学的研究
(細胞分化の安定性と分化転換機構の研究)
細 胞移植などの再生医療やバイオリアクターのような細胞工学的研究には、分化誘導等で作出した細胞の分化状態を安定に維持する技術が必要である。そこで細胞 種特有の分化状態がいかに維持されるかを解析するとともに、いかにしてその分化形質を失って多種の細胞に分化転換(あるいは脱分化)するかを研究してい る。また劇的な脱分化を経て作製されるiPS( induced pluripotent stem )細胞についても、脱分化という観点から研究を進める。

スタッフ

教授

佐々木 克典

准教授

城倉 浩平

助教

岳 鳳鳴

その他

2名

学生数

博士課程学生数

3名

研究室の所在及び連絡先

研究室の場所:基礎棟4階
連絡先:katsmd@shinshu-u.ac.jp

主要な成果/Major Publications

  1. Cui L, Johkura K, Takei S, Ogiwra N, Sasaki K : Structural differentiation, proliferation, and association of human embryonic stem cell-derived cardiomyocytes in vitro and their extracardiac tissues. J Struct Biol 158: 307-317, 2007.
  2. Ichikawa H, No H, Takei S, Takashimizu I, Feming Y, Cui L, Ogiwara N, Johkura K, Nishimoto Y, Sasaki K : Cryopreservation of mouse embryoid bodies. Cryobiology 54:290-293, 2007.
  3. Yamamoto M, Johkura K, Cui L, Asanuma K, Okouchi Y, Ogiwara N, Sasaki K : Branching ducts similar to ureteric buds or mesonephric ducts in teratoma originating from mouse embryonic stem cells. Am. J. Physiol. Renal Physiol.290:F52-60, 2006
  4. Yue F, Cui L, Johkura K, Ogiwara N, Sasaki K : Induction of midbrain dopaminergic neurons from primate ES cells by co-culture with Sertoli cells. Stem Cells, 24, 1695-1706, 2006
  5. Yue F, Cui L, Johkura K,Ogiwara N, Sasaki K : Glucagon-like peptide-1 differentiation of primate embryonic stem cells into insulin-producing cells. Tissue Eng,12, 2105-2116, 2006
  6. Machida T, Fujita T, Ooo ML, Ohira M, Isogai E, Mihara M, Hirato J, Tomotsune D, Hirata T, Fujimori M, Adachi W, Nakagawara A: Increased expression of proapoptotic BMCC1, a novel gene with the BNIP2 and Cdc42GAP homology (BCH) domain, is associated with favorable prognosis in human neuroblastomas. Oncogene. 25: 1931-142, 2006.

博士課程 専攻案内

メニュー