• 受験生の方へ
  • 医師の方へ
  • 企業団体の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 地域の方へ
  • 在学生の方へ

博士課程 医学系専攻

歯科口腔外科学

概要

歯科口腔外科では、口腔機能を損なう病態の解明、診断法、治療法に関する基礎的、臨床的研究を行っている。特に、口腔がんの診断と治療に関する研究、顎関節症の形態学的適応変化とそのメカニズム関する研究、人工骨材料の開発と臨床応用に関する研究が主体である。

研究テーマ

  1. 口腔癌の診断と治療に関する研究
    口腔がんの治療効果を上げるために診断、治療法、治療後の口腔機能の再構築に関して改善すべき点はたくさんある。
    現在の研究の主たるテーマは、口腔がんにおけるモエシンの発現と臨床像との関係、新しい抗癌剤治療の開発、頸部リンパ節転移の予防と治療に関する研究などである。

  2. 顎関節の形態学的適応変化とそのメカニズムの解明
    顎 関節は、咬合の変化、歯の喪失、関節円板転位に適応して形態学的な変化を生じる。教室では、様々な変化に対応して顎関節構成組織にどのような形態変化が出 現するかマクロおよびミクロのレベルで検討している。さらに、形態変化を起こすメカニズムについて滑液および関節構成組織を用いて検討している。

  3. 人工骨材料の開発と臨床応用に関する研究
    教室では人工骨材料の開発に長年携わっており、軟組織内で骨を誘導する人工材料を中心に研究している。現在は骨誘導能を有するチタニア多孔体を用い、骨を誘導するメカニズムなどを解明するために実験を続けている。

スタッフ

教授

栗田 浩

准教授

山田 慎一

助教鎌田 孝広
その他

11名

学生数

博士課程学生数

2名

主要な成果/Major Publications

  1. Kurita H., Uehara S., Yokochi M., Nakatsuka A., Kobayashi H. and Kurashina K. : A long-term follow-up study of radiographically evident degenerative changes in the temporomandibular joint with different conditions of disk displacement. Int. J. Oral Maxillofac. Surg. 2006 ; 35 : 49-54.
  2. Zhang Z., Kurita H., Kobayashi H. and Kurashina K. : Osteoinduction with HA/TCP ceramics of different composition and porous structures in rabbits. Oral Science International 2005 ; 2 : 85-95.
  3. Kurita H., Yamamoto E., Nozaki S., Wada S., Furuta I. and Kurashina K. : Multicenter phase 1 trial of induction chemotherapy with docetaxel and nedaplatin for oral squamous cell carcinoma. Oral Oncology 2004 ; 40 : 1000-1006.
  4. Kobayashi H., sagara J., Kurita H., Morifuji M., Ohishi M., Kurashina K. and Taniguchi S. : Clinical significance of cellular distribution of Moesin in patients with Oral Squamous cell carcinoma. Clinical Cancer Research 2004 ; 10 : 572-580.

博士課程 専攻案内

メニュー