歯科口腔外科学

概要

歯科口腔外科では、口腔機能を損なう疾患(特に口腔がん)の病態の解明・診断・治療法、歯科口腔疾患と健康との関連、および、培養粘膜・人工骨材料に関する基礎および臨床的研究を行っている。また、産学協同による医療機器の開発にも力を入れている。

研究テーマ

  1. 口腔がんの診断と治療に関する研究
    口腔がんの予防、治療および機能回復に関する研究を行っている。具体的なテーマには、口腔がん細胞の代謝の解明、バイオマーカー開発、治療プロトコールの開発、生体染色、高齢口腔癌治療などがある。

  2. 歯科口腔疾患と健康との関連に関する研究
    歯科感染症や口腔機能低下が、肺炎、生活習慣病、高齢者のフレイルなどと関連があることが明らかとなっている。教室では、疫学調査や臨床研究により両者の関連を明らかにすると伴に、基礎的なメカニズムの解明をテーマに研究を行っている。

  3. 培養粘膜・人工骨材料
    羊膜を用いた口腔扁平上皮の培養とその臨床応用に関する研究を行っている。また、人工骨材料に関しても長年研究を行っており、現在はCPCとβ-TCP複合材料の研究を行っている。

  4. 医療機器の開発
    医療現場におけるニーズ、さまざまな場面から浮かび上がるシーズに基づき、様々な医療機器の開発研究を行っている。

スタッフ

教授

栗田 浩

准教授

山田慎一

その他

11名

学生数

博士課程学生数

2名

主要な成果/Major Publications

  1. Yamada S, Kurita H, Kamata T, Kirita T, Ueda M, Yamashita T, Ota Y, Otsuru M, Yamakawa N, Okura M, Aikawa T, Yanamoto S, Umeda M. Clinical investigation of 38 cases of oral mucosal melanoma: A multicentre retrospective analysis in Japan. Australas J Dermatol. 58:e223-e227, 2017.
  2. Yamada S, Otsuru M, Yanamoto S, Hasegawa T, Aizawa H, Kamata T, Yamakawa N, Kohgo T, Ito A, Noda Y, Hirai C, Kitamura T, Okura M, Kirita T, Ueda M, Yamashita T, Ota Y, Komori T, Umeda M, Kurita H. Progression level of extracapsular spread and tumor budding for cervical lymph node metastasis of OSCC. Clin Oral Investig. 2017 Oct 6. doi: 10.1007/s00784-017-2231-y.
  3. Aizawa H, Yamada S, Xiao T, Shimane T, Hayashi K, Qi F, Tanaka H, Kurita H. Difference in glycogen metabolism (glycogen synthesis and glycolysis) between normal and dysplastic/malignant oral epithelium. Arch Oral Biol. 83:340-347, 2017.
  4. Yamada S, Kurita H, Kamata T, Kirita T, Ueda M, Yamashita T, Ota Y, Otsuru M, Yamakawa N, Okura M, Aikawa T, Umeda M. Significant prognostic factors affecting treatment outcomes of salivary gland carcinoma: a multicenter retrospective analysis. Odontology. 2017
  5. Yamada S, Kurita H, Tomioka T, Ohta R, Yoshimura N, Nishimaki F, Koyama Y, Kondo E, Kamata T. Healthy life expectancy of oral squamous cell carcinoma patients aged 75years and older. Oral Oncol. 2017 Jan;64:22-26. doi: 10.1016/j.oraloncology.2016.
  6. Hayashi K, Toyama H, Tanaka H, Aizawa H, Shimane T, Kurashina K, Yamada S, Kurita H. Relationship between the quantity of oral Candida and immunological vigor. J Oral Maxillofac Surg Med Pathol. 29:65-70,2017.
  7. Qi F, Yoshida T, Koike T, Aizawa H, Shimane T, Li Y, Yamada S, Okabe M, Nikaido T, Kurita H. Construction and characterization of human oral mucosa equivalent using hyper-dry amniotic membrane as a matrix. Arch Oral Biol 65:26-34, 2016.
  8. Nishimaki F, Kurita H, Tozawa S, Teramoto Y, Nishizawa R, Yamada SI. Subjective and qualitative assessment of neural disturbance after inferior alveolar nerve transposition for dental implant placement. Int J Implant Dent. 2016 Dec;2(1):14.
  9. Shimane T, Aizawa H, Koike T, Kamiya M, Urano Y, Kurita H. Oral cancer intraoperative detection by topically spraying a γ- glutamyl transpeptidase-activated fluorescent probe. Oral Oncol 6 54: 16-18, 2016.
  10. Ohmori N, Murasawa C, Aizawa J, Momose H, Koyama Y, Kurita H, Yoshida H, Kamijo A."Noise reduction in swallowing muscle activity measurement based on mixture Gaussian distribution model", JACIII21:109-118,2017.

一覧へ戻る