• 受験生の方へ
  • 医師の方へ
  • 企業団体の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 地域の方へ
  • 在学生の方へ

博士課程 医学系専攻

免疫・微生物学

概要

  1. 細胞内シグナル伝達をTリンパ球の増殖因子であるインターロイキン2(IL-2)を中心に解析していますが、近年、IL-2受容体を運ぶ小胞までもがシグナル伝達に関わっているのが分かってきました。

  2. 遺伝子治療は次世代の医療において大きな役割を果たすと考えられ、その中でもウイルスベクターを用いた治療は重要な位置を占める事が予想されています。

以上の2点に焦点を当て、科学と医療に貢献すべく研究を進めています。

研究テーマ

  1. IL-2受容体小胞輸送に関わる新規分子の同定単離
  2. ウイルスベクター遺伝子治療によって生じた白血病発症機構の解明

スタッフ

教授

竹下 敏一

講師

小嶋 克彦

助教

天野 勇治、吉野 和寿

その他

1名

学生数

博士課程学生数

0名

研究室の所在及び連絡先

研究室の場所:基礎棟4階東端

主要な成果/Major Publications

  1. Yamada K., Tsukahara T., Yoshino K., Kojima K., Agawa H., Yamashita Y., Amano Y., Hatta M., Matsuzaki Y., Kurotori N., Wakui K., Fukushima Y., Osada R., Shiozawa T., Sakashita K., Koike K., Kumaki S., Tanaka N. and Takeshita T.: Identification of a high incidence region for retroviral vector integration near exon 1 of the LMO2 locus. Retrovirology, 6, 79, 2009.
  2. Yamashita Y., Kojima K., Tsukahara T., Agawa H., Yamada K., Amano Y., Kurotori N., Tanaka N., Sugamura K., Takeshita T.: Ubiquitin-independent binding of Hrs mediates endosomal sorting of the interleukin-2 receptor β chain. J Cell Sci., 121, 1727-1738, 2008.
  3. Kyuuma M., Kikuchi K., Kojima K., Sugawara Y., Sato M., Mano N., Goto J., Takeshita T., Yamamoto A., Sugamura K., Tanaka N,: AMSH, an ESCRT-Ⅲ Associated Enzyme,Deubiquitinates Cargo on MVB/Late Endosomes. Cell Struct Funct., 31(2),159-172, 2006.
  4. Tsukahara T, Agawa H, Matsumoto S, Matsuda M, Ueno S, Yamashita Y, Yamada K, Tanaka N, Kojima K, and Takeshita T.: Murine leukemia virus vector integration favors promoter regions and regional hot spots in a human T-cell line. Biochem Biophys Res Commun., 345(3), 1099-107, 2006.
  5. Deborah Brancho, Nobuyuki Tanaka, Anja Jaeschke, Juan-Jose Ventura, Nyaya Kelkar, Yoshinori Tanaka, Masanao Kyuuma, Toshikazu Takeshita, Richard A. Flavell, and Roger J. Davis.: Mechanism of p38 MAP kinase activation in vivo. Genes Dev. ,17,1969-1978, 2003.

博士課程 専攻案内

メニュー