• 受験生の方へ
  • 医師の方へ
  • 企業団体の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 地域の方へ
  • 在学生の方へ

博士課程 医学系専攻

麻酔蘇生学

概要

麻酔科学は、歴史的に、“痛みからの解放”、すなわち手術に関連した痛みを緩和することから始まった。手術侵襲は痛みだけでなく、脳神経、循環、呼吸、免疫系にも多大な影響を与える。現代の麻酔科学は、痛みだけでなく、様々な侵襲時の生理的機能変化を明らかにし、生体を守る研究・臨床分野と位置づけられている。麻酔科学のカバーする領域は、手術麻酔だけでなく、集中治療、ペインクリニック、緩和医療に拡がっている。

研究テーマ

1. 手術侵襲による痛みのメカニズム
電気生理学的な手法を用いて脊髄神経細胞活動(ラット)を記録することにより、手術侵襲を模した小切開による疼痛変化のメカニズムを明らかにしていく。
2. 遷延性術後痛
術後の痛みの変化と心理変化を経時的に評価することにより、遷延性術後痛に至るメカニズムを明らかにし、防止法の開発を目的とする。
3. がんの痛みの機序解明と新たな治療法の開発
がんの痛みのメカニズムは未だブラックボックスである。そこで、がんの痛みの動物モデルを用いて、特に、骨転移痛と化学療法による神経障害性痛の機序を明らかにするとともに、機序に基づいた治療法開発を目的とする。
4. 創傷治癒の促進と免疫制御
コントロールされた巨大な外傷である手術創をより早く機能回復させるため、創傷治癒の主役である免疫細胞に影響を与える周術期薬剤や因子およびその役割を、組織損傷モデル動物を作成し解析する。
5. 経食道心エコー(3D)による術中心機能評価
従来から術中経食道心エコーは実施されてきたが、心臓を3次元的に表示するシステムが使用可能になり、臨床場面での有用性は高いと期待されている。従来のシステムと比較しながら、3Dシステムによる新たな術中心機能評価の方法を模索する。

スタッフ

教授

川眞田樹人

准教授

田中 聡

講師

石田高志

助教

杉山由紀、井出 進、坂本明之、布施谷仁志、吉山勇樹(兼務)

その他

9名

学生数

博士課程学生数

3名

研究室の所在及び連絡先

研究室の場所:臨床研究棟1階

主要な成果/Major Publications

  1. Sugiyama D, Hur SW, Pickering AE, Kase D, Kim SJ, Kawamata M, Imoto K, Furue H. In vivo patch-clamp recording from locus coeruleus neurones in the rat brainstem. J Physiol. 2012;590:2225-31. 
  2. Kimura-Kuroiwa K, Adachi Y, Mimuro S, Obata Y, Kawamata M, Sato S, Matsuda N: The effect of aging on dopamine release and metabolism during sevoflurane anesthesia in rat striatum: an in vivo microdialysis study. Brain Res Bull. 2012; 89: 223-230.
  3. Hyuga S, Sekiguchi T, Ishida T, Yamamoto K, Sugiyama Y, Kawamata M. Successful tracheal intubation with the McGrath(®) MAC video laryngoscope after failure with the Pentax-AWS™ in a patient with cervical spine immobilization. Can J Anaesth. 2012;59:1154-5.
  4. Ide S, Kawamata T, Imai N, Ando A, Kawamata M. Misplacement of a guidewire into the vertebral vein through the internal jugular vein. J Cardiothorac Vasc Anesth. 2012;26:e17-8
  5. Suzuki M, Narita M, Hasegawa M, Furuta S, Kawamata T, Ashizawa M, Miyano K, Yanagihara K, Chiwaki F, Suzuki T, Matoba M, Sasaki H, Uezono Y. Sensation of abdominal pain induced by peritoneal carcinomatosis is accompanied by changes in the expression of substance P and -opioid receptors in the spinal cord of mice. Anesthesiology 2012; 117: 847-856.
  6. Terashima Y, Kawamata M, Takebayashi T, Tanaka S, Tanimoto K, Yamashita T. Changes in synaptic transmission of substantia gelatinosa neurons in a rat model of lumbar radicular pain revealed by in vivo patch-clamp recording. Pain 2011; 152:1024-32.
  7. Ikeno S, Nagano M, Tanaka S, Nishimura C, Kawamata T, Kawamata M. Gastric tube insertion under visual control with the use of the Pentax-AWS®. J Anesth. 2011 Jun;25(3):475-6.
  8. Kawamata M: Japanese Complex Regional Pain Syndrome Research Group. Development of comprehensive diagnostic criteria for complex regional pain syndrome in the Japanese population. Pain. 2010; 150: 243-9.
  9. Narimatsu E, Niiya T, Kawamata M, Namiki A. Adenosine and adenosine uptake inhibitors potentiate the neuromuscular blocking action of rocuronium mediated by adenosine A(1) receptors in isolated rat diaphragms. Acta Anaesthesiol Scand. 2008;52:1415-22.
  10. Bi GQ, Bolshakov V, Bu G, Cahill CM, Chen ZF, Collingridge GL, Cooper RL, Coorssen JR, El-Husseini A, Galhardo V, Gan WB, Gu J, Inoue K, Isaac J, Iwata K, Jia Z, Kaang BK, Kawamata M, Kida S, Klann E, Kohno T, Li M, Li XJ, MacDonald JF, Nader K, Nguyen PV, Oh U, Ren K, Roder JC, Salter MW, Song W, Sugita S, Tang SJ, Tao Y, Wang YT, Woo N, Woodin MA, Yan Z, Yoshimura M, Xu M, Xu ZC, Zhang X, Zhen M, Zhuo M. Recent advances in basic neurosciences and brain disease: from synapses to behavior. Mol Pain. 2006;2:38.
  11. Nonaka M, Imai T, Shintani T, Kawamata M, Chiba S, Matsumoto H. Non-invasive positive pressure ventilation for laryngeal contraction disorder during sleep in multiple system atrophy. J Neurol Sci. 2006;247:53-8.
  12. Kawamata M, Sugino S, Narimatsu E, Yamauchi M, Kiya T, Furuse S, Namiki A. Effects of systemic administration of lidocaine and QX-314 on hyperexcitability of spinal dorsal horn neurons after incision in the rat. Pain. 2006;122:68-80. 
  13. Kawamata M, Furue H, Kozuka Y, Narimatsu E, Yoshimura M, Namiki A. Changes in properties of substantia gelatinosa neurons after surgical incision in the rat: in vivo patch-clamp analysis. Anesthesiology. 2006;104:432-40.

博士課程 専攻案内

メニュー