• 受験生の方へ
  • 医師の方へ
  • 企業団体の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 地域の方へ
  • 在学生の方へ

博士課程 医学系専攻

救急集中治療医学

概要

救命救急法 生命維持科学 全身管理

研究テーマ

1)急性臓器不全の病態解析と新しい治療法の開発
2)新しい脳心肺蘇生法の開発
3)新しい重症呼吸不全管理法の開発
4)体外式心肺補助法(ECLA,ECLS,PCPS,ECMO)
5)急性血液浄化法
6)救急・重症患者のエマージェンシー・クリティカルケアに関する研究
7)新しい病院前救急医療システムの開発
8)重症循環不全に対する新規治療法の開発
9)新しい災害医療システムの研究

スタッフ

教授

今村 浩

助教

三山 浩、高山浩史、嘉嶋勇一郎

その他

8名

研究室の所在及び連絡先

長野県松本市旭 3-1-1
連絡先  TEL:0263-37-3018 FAX:0263-37-3028

主要な成果/Major Publications

<研究など>

  1. Koyama J, Iwashita T, Okamoto K: Comparison of three types of laryngoscopefor tracheal intubation during rhythmic chest compressions: a manikin study. Resuscitation 81:1172-1174,2010
  2. Aso S, Imamura H, Sekiguchi Y, Iwashita T, Hirano R, Ikeda U, Okamoto K: Incidence and Mortality of Acute Myocardial Infarction -A Population-Based Study Including Patients with Out-of-Hospital Cardiac Arrest-. Int Heart J 52: 197-202, 2011
  3. Kikuchi T, Toba S, Sekiguchi Y, Iwashita T, Imamura H, Kitamura M, Nitta K, Mochizuki K, Okamoto K: Protocol-based noninvasive positive pressure ventilation for acute respiratory failure. J Anesth 25: 42-49, 2011
  4. Imamura H, Sekiguchi Y, Iwashita T, Dohgomori H, Mochizuki K, Aizawa K, Aso S, Kamiyoshi Y, Ikeda U, Amano J, Okamoto K: Painless Acute Aortic Dissection –Diagnostic, Prognostic and Clinical Implications-. Circ J 75: 59-66, 2011
  5. Kashima Y, Takahashi M, Shiba Y, Itano N, Izawa A, Koyama J, Nakayama J, Taniguchi S, Kimata K, Ikeda U :Crucial role of hyaluronan in neointimal formation after vascular injury. PLoS One. 8(3):e58760. 2013
  6. Mochizuki K, Imamura H, Iwashita T, Okamoto K: Neurological outcomes after extracoporeal cardiopulmonary resuscitation in patients with out-of-hospital cardiac arrest: a retrospective observational study in a rural tertiary care center. J Intensive Care 2:33, 2014
  7. Mochizuki K, Sekiguchi Y, Iwashita T, Hiroshi Dohgomori H, Imamura H, Okamoto K: Case Report Favorable neurologic outcome in a patient with accidental hypothermia following cardiopulmonary resuscitation for over 165 minutes and intensive care for post-cardiac arrest syndrome. J Jpn Soc Intensive Care Med 2:33, 2014
  8. Mochizuki K, Ito D, Kusano Y, Uchiyama T, Shintani R, Sakaguchi O:Thyroid storm in a child after severe head injury and neurointensibe care Acute Medicine & Surgery 1-2,2014
  9. Ueki Y, Mohri M, Matoba T, Tsujita Y, Yamasaki M, Tachibana E, Yonemoto N, Nagao K: Characteristics and Predictors of Mortality in Patients With Cardiovascular Shock in Japan - Results From the Japanese Circulation Society Cardiovascular Shock Registry. Circ J 80:852-859. 2016

<著書・編集・翻訳など>
1. 呼吸管理Q&A 総合医学、2006
2. モニター心電図Q&A 総合医学社、2008
3. エキスパートの呼吸管理 中外医学社、2008
4. 合併疾患別にみる周術期管理Q&A 総合医学社、2008
5. 救急画像診断Q&A 総合医学社、2011
6. わかりやすい輸液管理 総合医学社、2012
7. ER・ICUでの薬の使い方(新装版) 総合医学社、2015
8. 救急・集中治療最新ガイドライン 総合医学社、2016

<診療など>
2005年10月1日  東日本の国立大学で最初の救命救急センターを開設。
2007年 4月1日   高度救命救急センターとして認定。
2011年10月1日  信州ドクターヘリ松本運行開始。

博士課程 専攻案内

メニュー