• 受験生の方へ
  • 医師の方へ
  • 企業団体の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 地域の方へ
  • 在学生の方へ

博士課程 医学系専攻

呼吸器内科学

概要

本部門では、内科学、特に呼吸器内科学を中心に未解決の臨床的な課題を解明すべく、症例検討、疫学的手法、分子・細胞生物学、遺伝子学、動物実験、などを駆使し研究をおこなっています。

対象となる具体的な疾患としては、喘息・COPD(慢性閉塞性肺疾患)、肺癌・胸部悪性腫瘍、呼吸器感染症、間質性肺疾 患、急性肺損傷・急性呼吸窮迫(促迫)症候群、睡眠時無呼吸症候群などであり、さらに、信州の地に特異的と言える高地医学があります。

研究テーマ

  1. 喘息およびCOPD
    小児喘息から成人喘息への移行の病態の解明。誘発喀痰を用いた気道炎症の病態の解明。HRCT画像およびIOS法(気道 抵抗測定法)によるCOPDのphenotypeおよび慢性喘息の気道リモデリングの病態解明および薬物療法の構築。COPDの発症に関与する遺伝子の解 明。若年発症COPDの疾患感受性の解明。肺線維症合併肺気腫の臨床的特徴と遺伝子異常の解明。COPD増悪時の肺循環動態の解明。ラット肺気腫モデルに おける各種薬剤の予防効果の検討。ヒト気道上皮細胞を用いた粘液産生機序の解明、新たな薬物の開発、気道炎症の制御機構の解明。

  2. 肺癌・胸部悪性腫瘍
    早期末梢肺癌に対するアブレーションカテーテルによる気管支鏡下焼却術の臨床応用。局所進行非小細胞肺癌に対する新たな化学・放射線併用療法の開発。進行胸 腺腫に対する全国多施設共同研究への参画。胸腺癌および肺癌の生物学的特性と治療効果の検討。全国多施設協同研究への参加。内視鏡的インターベンションの 臨床研究。

  3. 呼吸器感染症
    非結核性抗酸菌症の診断と新たな治療法の模索。呼吸器感染症における各種耐性菌の経時的疫学調査。各種迅速診断法(ハイブリゼップなど)の呼吸器感染症への応用。Pneumocystis jiroveciiの遺伝子型の検討。

  4. 間質性肺疾患
    きのこによる過敏性肺炎の病態解明、簡易診断法の検討。薬剤性肺障害の疫学的および分子遺伝学的検討。膠原病、特に皮膚筋炎に合併する間質性肺炎の臨床的特 徴の検討。膠原病肺の治療戦略の構築。123I-metaiodobenzylguanidine(MIBG)の臨床応用。

  5. 急性肺損傷・急性呼吸窮迫(促迫)症候群
    血液浄化・吸着療法の基礎的・臨床的効果の検討。

  6. 睡眠時無呼吸症候群(SAS)
    SASの早期診断に対する各種センサーの開発。高地における睡眠障害の病態解明。肥満低換気症候群とメタボリックシンドロームの関連に関する疫学研究。SASの発症に関与する遺伝子の解明。

  7. 高地医学
    高地肺水腫における分子遺伝学的検討。高地肺水腫の個体感受性と発症機序の解明。高地適応民族であるシェルパ族の適応機序の解明。中国青海省青海大学高原医学研究所との共同研究。

  8. その他
    厚生労働省「薬剤性肺障害の発現状況の国際比較に関する研究」の主任研究者として薬剤性肺障害の疫学的調査研究をおこなっている。

スタッフ

教授

花岡 正幸

准教授

山本 洋

講師

安尾 将法、牛木 淳人

助教

漆畑 一寿

その他

5名

学生数

博士課程学生数

6名

研究室の所在及び連絡先

研究室の場所:臨床研究棟4階東
連絡先:kokyuki@shinshu-u.ac.jp

主要な成果/Major Publications

  1. Chen Y,Chen P,Hanaoka M,Huang X,Droma Y,Kubo K: Mechanical ventilation in patients with hypoxemia due to refractory heart failure. Intern Med 47: 367-73, 2008
  2. Droma Y,Hanaoka M,Basnyat B,Arjyal A,Neupane P, Pandit A,Sharma D,Ito M,Miwa N,Katsuyama Y,Ota M,Kubo K: Adaptation to high altitude in Sherpas: association with the insertion/deletion polymorphism in the Angiotensin-converting enzyme gene. Wilderness Environ Med 19: 22-9, 2008
  3. Hanaoka M,Yu X,Urushihata K,Ota M,Fujimoto K,Kubo K: Leptin and leptin receptor gene polymorphisms in obstructive sleep apnea syndrome. Chest 133: 79-85, 2008
  4. Ideura G,Agematsu K,Komatsu Y,Hatayama O,Yasuo M, Tsushima K,Hanaoka M,Koizumi T,Fujimoto K,Kubo K: Selective IgM deficiency accompanied with IgG4 deficiency, dermal complications and a bronchial polyp. Allergol Int 57: 99-105, 2008
  5. Matsubara M,Koizumi T,Wakamatsu T,Fujimoto K,Kubo K,Honda T: Lymphoid interstitial pneumonia associated with common variable immunoglobulin deficiency. Intern Med 47: 763-7, 2008
  6. Matsubara M,Yasuo M,Tanabe T,Tsushima K,Urushihata K, Yamamoto H,Hanaoka M,Koizumi T,Fujimoto K,Kubo K,Yamazaki Y,Uehara T: Pleomorphic adenoma with an endobronchial resection. Intern Med 47: 1117-20, 2008
  7. Tanabe T,Fujimoto K,Yasuo M,Tsushima K,Yoshida K, Ise H,Yamaya M: Modulation of mucus production by interleukin-13 receptor alpha2 in the human airway epithelium. Clin Exp Allergy 38: 122-34, 2008
  8. Tsushima K,Yasuo M,Tanabe T,Yoshikawa S,Yamazaki Y,Kubo K: Airway inflammation in employees involved in cultivating Japanese mushrooms (bunashimeji). Respirology 13: 546-52, 2008
  9. Yasuo M,Ito M,Kobayashi Y,Tsushima K,Hanaoka M,Koizumi T,Kubo K: Primary tracheal adenoid cystic carcinoma with malignant pleural effusion. Intern Med 47: 475, 2008
  10. Yasuo M,Tanabe T,Komatsu Y,Tsushima K,Kubo K,Takahashi K, Kawakami S,Honda T: Progressive pulmonary calcification after successful renal transplantation. Intern Med 47: 161-4, 2008

博士課程 専攻案内

メニュー