• 受験生の方へ
  • 医師の方へ
  • 企業団体の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 地域の方へ
  • 在学生の方へ

博士課程 医学系専攻

形成再建外科学

概要

形成再建外科学は、先天異常、外傷あるいは腫瘍切除が原因で生じた組織欠損を再生修復する方法を探求する学問です。組織欠損を解決することで、外観の異常と機能の低下を改善し、生活の質を向上させる臨床の現場に直結する研究と教育を行っています。解剖学や形態組織学に加えて、創傷治癒、組織移植や組織再生など、あらゆる手段を探求し、それを臨床の現場に活かしていきます。

研究テーマ

1. 顔面計測による研究
 健常人における顔面の基準値を小児から高齢者まで計測し、日本人における平均値を追及しています。また、その値の体位による変化や、顔面に疾患のある患者と比較することでより手術の精度を向上できるよう研究しています。

2. 爪甲変形に対する新規治療法開発
 肥厚した爪甲や、ヤギの角のような変形を来たした爪甲を、肥厚爪や鈎彎爪といいます。爪甲変形時の爪母や爪床などの組織においてどのような変化が生じているのかを様々な手法を用いて解析することで、爪甲変形に対するより侵襲の少ない新規治療法を開発する研究を行っています。

3. 赤唇の再建と再生治療に向けての組織学的研究
 赤唇は、身体で唯一赤い皮膚をもつ組織であるため、先天異常や外傷、腫瘍切除により欠損すると修復することが難渋する部位です。赤唇の組織学的解析を含め、他の皮膚と比較してどのような特徴があるのかを明らかにすることで、よりよい赤唇再建そして赤唇再生に応用できるよう研究を行っています。

4. 赤外線血流モニターを用いた研究
 赤外線血流モニターを用いて、手術後の変化・創傷治癒時の変化・虚血時の変化などをいかにモニターできるか研究しています。

5. 体成分分析装置を用いた研究
 体成分分析装置を用いて、手術後の変化・治療後の変化をモニターし、どのようなことが判明するか研究しています。

スタッフ

教授

杠  俊介

助教

安永能周、永井史緒

その他

7名

主要な成果/Major Publications

  1. Matsuo K, Ban R, Hama Y, Yuzuriha S.
    Eyelid opening with trigeminal proprioceptive activation regulates a brainstem arousal mechanism.
    PLoS One. 2015; 10: e0134659.
  2. Matsuo K, Ban R, Ban M, Yuzuriha S.
    Trigeminal proprioception evoked by strong stretching of the mechanoreceptors in Muller’s muscle induces reflex contraction of the orbital orbicularis oculi slow-twitch muscle fibers.
    Eplasty. 2014; 14: e30.
  3. Matsuo K, Ban R, Ban M.
    Desensitization of the mechanoreceptors in Muller's muscle reduces the increased reflex contraction of the orbicularis oculi slow-twitch fibers in blepharospasm.
    Eplaty. 2014; 14: e33.
  4. Matsuo K, Osada Y, Ban R.
    Electrical stimulation to the trigeminal proprioceptive fibres that innervate the mechanoreceptors in Muller’s muscle induces involutary reflex contraction of the frontalis muscles.
    J Plast Surg Hand Surg. 2013; 47: 14-20.
  5. Matsuo K, Ban R.
    Surgical desensitisation of the mechanoreceptors in Muller’s muscle relieves chronic tension-type headache caused by tonic reflexive contraction of the occipitofrontalis muscle in patients with aponeurotic blepharoptosis.
    J Plast Surg Hand Surg. 2013; 47: 21-9.
  6. Ohata E, Matsuo K, Ban R, Shiba M, Yasunaga Y.
    Electromyographic comparison of forearm muscle movements for fine skin suturing between an enlarged pen needle holder and a webster needle holder.M
    Eplasty. 2013; 13: e22.
  7. Ban R, Matsuo K, Ban M, Yuzuriha S.
    Eyebrow ptosis after blowout fracture indicates impairment of trigeminal proprioceptive evocation that induces reflex contraction of the frontalis muscle.
    Eplasty. 2013; 13: e33.
  8. Ban M, Matsuo K, Ban R, Yuzuriha S, Kaneko A.
    Developed lower-positioned transverse ligament restricts eyelid opening and folding and determines Japanese as being with or without visible superior palpebral crease.
    Eplasty. 2013; 13: e37.
  9. Mishima Y, Matsuo K, Yuzuriha S, Kaneko A.
    The supraorbital margin of Japanese who have no visible superior palpebral crease and persistently lift the eyebrow in primary gaze is higher and more obtuse than those who do not.
    Eplasty. 2013; 13: e39.
  10. Yuzuriha S, Matsuo K, Fujita K.
    Lateral vermilion border transposition flap to correct vermilion deformities with unilateral or bilateral cleft lip.
    J Plast Surg Hand Surg. 2013; 47: 118-22.

博士課程 専攻案内

メニュー