• 受験生の方へ
  • 医師の方へ
  • 企業団体の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 地域の方へ
  • 在学生の方へ

博士課程 医学系専攻

医療情報学

概要

医療における情報の収集・分析・提供と利用支援や情報技術(IT)の活用を目指しています。

医療情報部は附属病院の中央診療部門の一つですが、大学院生(修士・博士課程)を受入れ、遠隔医療、電子カルテシステム、リスクマネージメント、e-Learningなど、IT時代の先端を行く斬新な 研究から実用に耐えうるシステムの開発研究まで取り組んでいます。当研究室に興味のある方は、是非ご連絡下さい。見学も歓迎しています。

「内閣総理大臣賞」受賞

2006年3月に、第6回インターネット活用教育実践コンクールにおいて、取り組み表題「無菌病室の電子的な窓『e-MADO』を通して」が最高賞の「内閣総理大臣賞」を受賞しました。

研究テーマ

* 医療情報学   * 遠隔医療   * 医学教育(e-Learning)
* 病院情報システム   * 電子カルテ   * 医療情報倫理
* 病院管理学 (リスクマネージメント、医療の質マネージメント)

スタッフ

講師

濱野 英明

その他

2名

学生数

博士課程学生数

0名

研究室の所在及び連絡先

研究室の場所:附属病院 南中央診療棟2階

主要な成果/Major Publications

受賞:

内閣総理大臣賞(2006年)
第6回インターネット活用教育実践コンクール
題名:「無菌病室の電子的な窓『e-MADO』を通して」
受賞者:信州大学医学部附属病院(坂田信裕、樋口一美、滝沢正臣、中沢洋三、高野恵理、大曽契子、村瀬澄夫、小池健一)
主催:文部科学省、インターネット活用教育実践コンクール実行委員会

学会奨励賞(2006年)
題名:小児病棟無菌室内における遠隔交流支援システムを用いた家族および院内学級交流による心理的ケア
受賞者:水野聡子(共同演者:坂田信裕、樋口一美、滝沢正臣ら)
主催:第28回 日本造血細胞移植学会総会

入選(2005年)
ICTを利用した優秀教育実践コンテスト
題名:新医師臨床研修制度必修化へ対応するICT を利用した新しい研修支援システムの構築・運用
受賞者:坂田信裕、小西郁生
主催:教育システム情報学会

論文等(2003年~)

  1. Akazawa K , Toyabe S , Sakata N , Murase S , Iguchi S , Kaidu M : Telemedicine and Distance Education in the Medical Field in Japan  Distance Education Issues and Challenges 65-91 2007
  2. Suzuki T, Murase S, Tanaka T, Okazawa T: New Approach for the Early Detection of Dementia by Recording In-House Activities  TELEMEDICINE AND e-HEALTH Vol.13,No1 41-44 2007
  3. 坂田信裕、小西郁生 : ICTを利用した研修支援システムの構築・運用 ICT活用教育 先端教育への挑戦 80-84 2006
  4. Suzuki T, Murase S, Kitano A, Nagase H, Momoi S, Nakamaki M: Eye Contact in Medical Examinations Using Videophones  TELEMEDICINE AND e-HEALTH Vol.12,No5 535-541 2006
  5. 村瀬澄夫:遠隔医療とユビキタスコンピューティング クリニカルプラクティスVol.25,No2 148-152 2006
  6. 坂田信裕 :医療におけるICT化ー遠隔医療ー 信州医学雑誌 Vol.54 No.1 23-24  2006
  7. 山本洋雄、粂井資行、坂田信裕、堀井謙一 全学e-Learning活用教育アンケート結果報告 舘秀典、 高等教育システムセンター紀要第2号 97-103  2006
  8. Hashimoto A, Watanabe S, Hoshiyama M, Murase S, Kakigi R Backward-masking: The effect of the duration of the second stimulus on recognition of the first stimulus Neuroscience137 1427-1437  2006
  9. 村瀬澄夫 :遠隔医療からユビキタス診療へ 新医療2月号 108-110 2005
  10. 長谷川高志、秋山昌範、鎌田弘之、小西英俊、酒巻哲夫、高橋隆、滝沢正臣、田中孝一、辻正次、東福寺幾夫、中島功、原量宏、広川博之、本多正幸、 水島洋、村瀬澄夫 :遠隔医療の現況 03年度遠隔医療調査研究班研究報告より 新医療2005年2月号 131-135 2005
  11. 神田博仁、旭満里子、大森栄: NSAIDs・ステロイドの特徴と薬学的管理指導のポ イン ト
    月刊薬事Vol.47No.3 393-404 2005
  12. 鈴木敏郎、林元則、野村洋、山田博美、北原修、百瀬邦夫 :ホタルイカ生食による回盲部vanishing tumorの1例 内科95  777-780 2005
  13. 村瀬澄夫 :これからの遠隔医療の展望と日本遠隔医療学会の方向 新医療2005年7月号 102-104 2005
  14. 鎌田弘之、長谷川高志、東福寺幾夫、田中孝一、村瀬澄夫 :遠隔医療の標準化  新医療2005年7月号 105-107 2005
  15. 村瀬澄夫: ユビキタス社会における遠隔医療のあり方 DIGITAL MEDICINE Vol.5 No.6 12-14 2005
  16. Murase S, Idehara S,  Murase S, Sakata N, Yamakami H, Hasegawa T, Tanaka S :  Usability of Names Written in Kanji for Individual Identification An Offprint of Studies in Comparative Culture 23-30 2005
  17. Suzuki T, Nakamura A, Yazaki M, Ikeda S : A Japanese Case of Familial Mediterranean Fever with Homozygosity for the Pyrin E148Q Mutation Internal Medicine Vol.44,No.7 765-766 2005
  18. 村瀬澄夫、坂田信裕 :インターネット遠隔医療の可能性  医療白書2005年版 408-416 2005
  19. Koizumi T, Takizawa M, NakaiK, Yamamoto Y, Murase S, Fujii T, Kobayashi T, Hatayama O, Fujimoto K, Kubo K :  Traial of Remote Telemedicine Support for Patients with Chronic Respiratory Failure at Hpme through a Multistation Communication System TELEMEDICINE AND e-HEALTH Vol.11,No4  481-486 2005
  20. Yoshida T, Tsushima K, Nishikawa N, Shitahata K, Kaneko K, Ito K, Kawakami H, Nakagawa S, Suzuki T, Kubo K, Ikeda S : Risk Facors for Hospital-acquired Bactereria Internal Medicine Vol.44,No.11 1157-1162 2005
  21. Takizawa M,  Koike K, Murase S, Kamiya S :Telemedicine by multi-image modalities for pediatric diseases Advanced Information and Telemedicine Technologies for Health 17-21 2005
  22. Sawashita J, Higuchi K, Nakai K, Murase S, Hosokawa M, Miyamoto M, Akiguchi I, Takeda T :Homepage of the Council for SAM Research(http://samrc.md.shinshu-u.ac.jp) International Congress Series1260 175-178 2004
  23. Rokukawa S, Saida T, Oguchi M, Matsumoto K, Murase S, Oguchi S, Number of acquired melanocytic nevi in patients with melanoma and contril subjects in Japan:Nevus count is a significant risk factor for nonacral melanoma but not for acral melanoma J Am Acad Dermatol Vol.50 No.5 695-700 2004
  24. J.R.Garbow, X.Lin, N.Sakata, Z.Chen, D.Koh, G.Schofeld : In vivo MRS measurement of liver lipid levels in mice Journal of Lipid Research Vol.45  1364-1371 2004
  25. Saida T, Miyazaki A, Oguchi S, Ishihara Y, Yamazaki Y, Murase S, Yoshikawa S, Tsuchida T, Kawabata Y, Tamaki K :Significance of Dermoscopic Patterns in Detecting Malignant Melanoma on Acral Volar Skin  ARCH DERMATOL Vol.140 1233-1238 2004
  26. Murase S, Idehara S, Sato S, Kitabatake M,  Murase S : Stress in self-financed international students  日本比較文化学会  65  131-137 2004
  27. Tofukuji I, Murase S : The Current Status of Telepathology in Japan 日本スカンジナビア放射線医学協会 会報18号  44 2004
  28. Kitayama I, Otani M, Murase S : Contribution of the stress-induced degeneration of the locus coeruleus noradrenergic neurons to the pathophysiology of depression:astudy on an animal model Blackwell Munksgaard:16 190-199 2004
  29. 村瀬澄夫:遠隔医療実施状況の実態調査に関する報告書 平成15年度厚生労働省報告書 2004
  30. Miyashita T, Takizawa M, Nakai K, Okura H, Kanda H, Murase S, Ichijo T, Karaki Y, Oue T, Yagi K. Real-time ultrasound telescreening by satellite telecommunication  TeleMedicine and eHealth Forum 125-127 2003
  31. 滝沢正臣:ネットワークと遠隔画像診断 Pharma Medica Vol.21 No.1 63-67 2003
  32. 村瀬さな子、北畠正義、高野嘉寿彦、上条厚、村瀬澄夫 :相談業務からみた留学生ストレス調査の妥当性  信州大学留学生センター紀要 第4号別冊103-107 2003
  33. 小泉友展、山口伸二、花岡正幸、藤本圭作、久保恵嗣、中井桂司、滝沢正臣、村瀬澄夫、小林俊夫、鈴岡正博: 在宅慢性呼吸器疾患患者への三元通信システムによる遠隔診療支援の試み 日本呼吸器学会雑誌 Vol.41 No.3 173-176 2003
  34. 山崎自子、村瀬澄夫:テレビ電話を用いた多施設間遠隔皮膚科カンファレンス  日本臨床皮膚科医学会雑誌 Vol.76 89-94 2003
  35. 古畑貞彦、西村チエ子、村瀬澄夫:病院内における電波利用と電磁波対策 日本手術医学会誌 Vol.23 No.3 225-231 2003
  36. 滝沢正臣、宮下豊久、村瀬澄夫、神田博仁、唐木芳昭、八木一夫、大上亨: 高速衛星通信と超音波・CT検診車とによるリアルタイム高度遠隔検診システム 医学物理 Vol.23 No.1 51-58 2003
  37. 山崎自子、斎田俊明、滝沢正臣、村瀬澄夫 :双方向画像通信による多施設間遠隔皮膚科カンファレンスの評価医学物理 Vol.23 No.1 40-43 2003
  38. 中村正幸、楊毓英、窪田昭真、清水洋、三浦裕、和崎克己、師玉康成、滝沢正臣: 長距離無線LANと広域CATV通信網接続による山岳医療情報ネットワークの構築 医学物理 Vol.23 No.1 30-39 2003
  39. 小池健一、小宮山淳、滝沢正臣、中井桂司、村瀬澄夫、神谷さだ子、鎌田實、オリガ・ビテリエブナ・アレイニコワ、ミハエル・ボガチェンコ:多施設 国際遠隔医療ネットワークを用いたチェルノブイリ原発事故後のベラルーシ共和国に対する医療支援 医学物理 Vol.23 No.1 44-50 2003
  40. Miyashita T, Takizawa M, Nakai K, Okura H, Kanda H, Murase S, Ichijo T, Karaki Y, Oue T, Yagi K : Telemedicine of the Heart - Real-Time Telescreening of Echocardiography Using Satellite Telecommunication-Circulation Journal Vol.67 No.6 562-564 2003
  41. 滝沢正臣: 遠隔診療の現状と展望 新医療 9月号148-151 2003
  42. 坂田信裕、杠俊介、村瀬澄夫:紙カルテの記載に近い電子カルテの運用 新医療 9月号 78-80 2003
  43. 滝沢正臣:信州の遠隔医療ー長野県の明日の医療のためにー  地域救急災害医療研究 第2巻1号 17-20 2003
  44. 長谷川高志、秋山昌範、鎌田弘之、酒巻哲夫、鈴木康之、高橋隆、滝沢正臣、東福寺幾夫、広川博之、本多正幸、水島洋、村瀬澄夫 :遠隔医療研究会、活動報告 医療情報学23(3)199-206 2003
  45. Atsushi Watanabe :  The Usefulness of Real-Time Remote Diagnosis by Videophone,for Patients Who Have Sustained Head Injuries Arising from Winter Sports in Mountainous Areas 医療情報学23(3)215-222 2003
  46. 甲斐澤政美、古畑貞彦、浦田浩一、西原三枝子、西村チエ子、澤谷ゆき江、松本あつ子、丸山ひさみ、大倉博文、村瀬澄夫 : 手術スケジュールと連動した自動倉庫コンテナシステムの構築 医療情報学Vol.23No.4 333-338 2003
  47. 古畑貞彦、西村チエ子、村瀬澄夫 :移動体識別システム等の医療機器への影響と病院内における機能試験  医科器械学Vol.73 No.3 93-100 2003

博士課程 専攻案内

メニュー