• 受験生の方へ
  • 医師の方へ
  • 企業団体の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 地域の方へ
  • 在学生の方へ

博士課程 医学系専攻

眼科学

概要

網膜の研究を行っています。網膜は脳の一部である視神経が眼球内に入り込み、薄い膜状に眼球の内壁に張り付いたものです。網膜には光を感じる細胞が存在します。糖尿病網膜症と加齢黄斑変性は日本人の失明の主要な原因疾患ですが、どちらも眼球内に異常な血管ができることで網膜の構造が破壊され視力がします。

その他、緑内障やぶどう膜炎など、視力低下の原因となる主要な疾患の病態解明と新しい治療法の開発を目的としています。

研究テーマ

糖尿病網膜症では、網膜の血管新生の抑制がその治療につながります。人間における未熟児網膜症に似た動物モデルで、マウスの酸素性網膜症モデルがあります。生まれたばかりで、網膜血管がまだ完成していないマウスを高濃度酸素に数日間入れ、これを大気中に戻すと網膜に血管新生がおきます。糖尿病動物では人間と異なり、糖尿病網膜症が発症しないので、酸素性網膜症モデルを使って研究しています。網膜血管新生に伴って発現するmRNAや蛋白の変化を検討して、網膜血管新生のメカニズムを明らかとします。

特に、大気中に戻してから時間経過が長くなると、無血管領域となっていた部分にも、ほぼ正常に近い構築をとる血管が伸びてきます。この時期に特異的に発現するmRNAや蛋白を同定することは、糖尿病網膜症における無灌流領域に血管を再生させる治療法につながる可能性があります。Real time PCRやプロテオミクスにおいて、これらの物質を同定することを目指しています。さらに、siRNAや特異的な阻害剤、antisenseなどの手法でこれらの物質を抑制して、どの様な変化が起こるかを検討することも計画しています。

加齢黄斑変性では、脈絡膜血管新生を抑制することが治療につながります。脈絡膜血管新生には、脈絡膜に強いレーザーを行うことで脈絡膜に血管新生をおこすモデルがあります。このモデルを使って、上記の酸素性網膜症モデ ルと同様に、その発生機序と新しい治療法について検討することを計画しています。

スタッフ

教授

村田敏規

講師

黒川 徹、宮原照良

助教

吉田紀子、時光元温

その他

12名

学生数

博士課程学生数

1名

研究室の所在及び連絡先

連絡先:murata@shinshu-u.ac.jp

主要な成果/Major Publications

1. Y Iesato, Y Toriyama, T Sakurai, Y Shindo, H Kawate, T Yoshizawa, T Koyama, R Uetake, L Yang, A Yamauchi, M Tanaka, K Igarashi, T Murata, T Shindo
Adrenomedullin-RAMP2 System is Crucially Involved in Retinal Angiogenesis
Am J Pathol. 182(6) 2380-2390, 2013

2. Yuuka Yamamoto, Youichiro Yamamoto, Atsushi Marugame, Maki Ogura, Akira Saito, Kouichi Ohta, Manabu Fukumoto, Toshinori Murata
Age-Related Decrease of the Retinal Vasculature Area Identified with a Novel Computer-aided Analysis System
Tohoku J. Exp. Med. 228: 229-237, 2012

3. Toshinori Murata, Wataru Kikushima, Akira Imai, Yuichi Toriyama, Motoharu Tokimitsu, Toru Kurokawa
Tissue-type plasminogen activator-assisted drainage of suprachoroidal hemorrhage showing a kissing configuration
Jpn J Ophthalmol 55:431-432, 2011

4. Tomoko Nakamura-Yanagidaira, Yasuko Takahashi, Kenji Sano, Toshinori Murata, Takuma Hayashi
Development of spontaneous neuropathy in NF-kBp50-deficient mice by calcineurin-signal involving impaired NF-kB activation
Molecular Vision 17:2157-2170, 2011



博士課程 専攻案内

メニュー